News

Soul-Jam! Presents Live vol.17 Review #3

また少し更新が滞ってしまいました。

大変お待たせしました。

 

レビュー第3弾です。

6番目は2回目の出演、

 

6. Madoka

 

某スクールのゴスペルクラス【α-Stars】に所属しているが、スキルアップを目指して入門してきたのが昨年の事。

前回のデビュー戦はソロとしてほぼ初ステージ(少し経験あるみたい)とは思えない落ち着き様であった。

2回目で3曲に挑戦、これはベテランメンバーでも未だに2曲のメンバーもいるわけで、彼女のモチベーションの高さが垣間見える。

今回テーマが【愛】

 

1. Beautiful

1曲目は【Christina Aguirela】のBeautiful

この曲のPVを見ると非常に深い意味が込められているのがわかる。

彼女がMCで言っていた自己愛、内容は確かにそんな意味だとは思うが、正直歌詞を読んだだけでは量り知れない。

 

Madoka_01_n

一般的な人とはかなり違う人たち=マイノリティが描かれている。

人種差別を含む社会的に差別を受けている同性愛者や拒食症、障害者…等が映像に登場する。

人からどう見えたって、どう言われたって私、我々はBeautifulなんだ、自信を持って生きて行く。

でも、ただただ、今日は傷つけないで欲しい。

 

一番練習の比重が高かったこともありますが、正直3曲歌った中でこの曲の出来が一番良かったと思います。

2曲目はElvis Presleyの名唱で知られる『Can’t Help Falling In Love With You』~好きにならずにいられない

 

2.『Can’t Help Falling In Love With You』

あまりに有名な曲ですが、シンプルなメロディーを持つこのような曲が実は一番難しかったりする。

こういうスタンダードは個性を活かしてなんぼ、ってところがあるので、無難に歌いこなした感があった。

課題が残るところ。

そして3曲目

3. Beauty And The Beast

Celine Dionの出世作でもあるこの曲、言わずと知れたディズニーソングだが、デュエットしたのは私が20代前半の時にハマっていたシンガーPeabo Brysonである。

彼はRoberta Flackとのデュエット『Tonight I Celebrate My Love For You』 の大ヒット以降、すっかりデュエット王として君引っ張りだこになった。

ただちょうどこの『美女と野獣』が公開された頃にはPop寄りになり過ぎたPeaboからすっかり離れていた時期である。

実は前回はロナからリクエストがあり『A Whole New World』をデュエットした。

そして元はアニメ映画だったこの『美女と野獣』、つい最近実写で映画化され、Ariana GrandeとJohn Legendのカバーを聴いて歌いたくなったらしい。

ただこのカバーも悪くないのだが、オリジナルが凄すぎるため正直あまりピンと来ない。

 

Madoka_Beauty And The Beast_n

この曲もレッスンではかなり比重が高かった、何度もダメ出しされてもめげずに頑張った甲斐もあり、なかなかいいデュエットになったと思う。

Madoka、今後の成長がまた楽しみだ。

 

7番目はすでに4回目と中堅どころ

 

7. 大坂麻里子

毎回難曲に挑戦してる感があるが、当初からみるとずいぶんとスキルアップしてきた。

やはり3曲とやる気満々。

 

大坂麻里子_01_n

 

1. Talking To The Moon/Bruno Mars

来年来日が決定している、今やスーパースターと化したBruno Marsの1stアルバム収録曲。

Brunoは非常に高レンジで歌うので、女性でも原キーで歌ってちょうどよかったりする。

音域も彼女にちょうどいい具合、3曲歌った中では一番安定してて良かったと思う。

 

2.数え足りない夜の足音/UA

唯一の日本語の曲である。前回も黄昏のビギンを歌っていたが、1曲は日本語と決めているのかな?

Aメロはずいぶん安定していたが、サビは結構高い音域に行くためちと不安定になってしまうところが残念。

最後に決まった曲で、レッスンであまりチェックできなかったのだ…

 

大坂麻里子_02_n

 

3. You Haven’t Seen The Last Of Me/Cher (シェール)

映画【バーレスク】の中で歌われていた曲らしい。

今はどん底だけど、いつか這い上がってくるから見てらっしゃい…

と言うちと激しい内容、原曲を聴くとかなりミュージカルっぽい感じの歌唱だ。

課題である転調後に難しい音域に行くため、ちと不安定になってしまった。

あがり症は少しずつ克服しつつあるが、まだ練習の6割な感じ、まだまだ出来るはず。

 

ただもう少し音域を考えて選曲した方がいいかなぁ?

 

また今後に期待します。

 

第4弾は週明けを目途にアップ予定。

Check it out!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017-10-06 | Posted in Blog, Live, NewsComments Closed 

 

Soul-Jam! Presents Live vol.17 Review #2

大変お待たせしました。

 

Soul-Jam! Presents Live vol.17、レビュー第二弾です。

 

—————————————————————————————-

4番目に登場はDee-Light Choir所属、前々回に初出演も前回お休みだったyukko。

 

4. yukko

 

2曲共にWhitney HoustonのBody Guard収録ナンバーから。

 

1.I  Have  Nothing/Whitney Houston

 

ボディーガードと言えばなんと言ってもWhitneyの代表曲でもある『I Will Always Love You』であろう。

しかし、実は半数以上のシンガーが挑戦するのはI Will…ではなくこの『I Have Nothing』なのである。

シンガー的には朗々と歌い上げるI Will…よりも遥にエモーショナルであるこの曲が魅力的であることはよくわかる。

ただ転調後、非常に広い声域が必要なので、超難曲のひとつとして数えられるナンバー。

 

yukko_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピッチが不安定な部分もあったが、心配していたブレイク時のバンドとのコンビネーションも成功してまずまずの出来。

立ち姿が堂々としてる分アドバンテージである。

 

2曲目はChaka Khan(’78)がオリジナルである『I’m Every Woman』、ちなみに私はChakaのバージョンがリアルタイムであった。

比賀美穂のコーナーでも話題に上った150cmの3人組【Chebbys】がコーラスで参加。

前曲とは打って変わってアップテンポのダンスナンバー、そして3名のサポートを得て基本ノリノリのyukkoは水を得た魚のように炸裂。

高い音域に課題は残したものの、イベントの中盤をしっかり盛り上げてくれた。

 

——————————————————————————————-

 

さて、5番目に登場はすっかりSoul-Jam! Liveの名物となった

 

5. ザ・カシューナッツ

 

合わせて140歳をゆうに上回ると言うのに、若々しいったらありゃしない。

そして、さらに進化を遂げるこのコンビ。

前回までは吉田のサポートを得て出演していたが、とうとう2人でのパフォーマンスを実現させてしまった。

 

ザ・カシューナッツ_02_n

1. 恋のフーガ(英語バージョン)

ザ・カシューナッツ、ご想像の通り、ザ・ピーナッツから発想して付けた名前。

名付け親は私、吉田です。

それも何とも偶然ながらザ・ピーナッツ(実は本名は違う)と同じ名前、エミ&ユミなのだ(笑)!

今回はその代表曲である『恋のフーガ』の英語バージョンに挑戦した。

しっかり振り付きである(笑)。

レッスン時は歌に集中したこともあるが、週一(?)でやっていたと思われる自主練で練習してたようだ。

世代を超えた有名曲だが、意外に難しくて、英語バージョンはさらにめっちゃ語呂が悪く歌いにくい歌詞になっている。

レッスンではどんどん遅くなっていくのでかなり苦労しましたが、本番はそんなところは一切見せない見事なパフォーマンスだった。

 

2.ふりむかないで

これもザ・ピーナッツのナンバーから『ふりむかないで』、この曲は80’sにあのWinkがカバーしてたようだ。

これはさらにザ・ピーナッツの映像を参考に振りを付けて来て、さらに衣装も歌詞に出てくるタータンチェックのスカーフをアクセントに持って来た。

仕込みは万全!

イントロから後ろ向きで、歌い始めてもまだ振り返らない…

歌詞の「ふりむかないで」でようやく振り替える、いやあ、会場はもう最高潮!

ザ・カシューナッツ_03_n

 

3. Tea For Two

Jazzスタンダードとして有名な『Tea Foe Two』だが、今回はドリス・デイ主演の映画【2人でお茶を】から。

先輩のエミちゃんの選曲であり、彼女が青春時代の1曲でもある。これは後輩である【ゆばば】がかなりいい味を出していた。

後半で少しハーモニーが不安定になった部分もあったが、曲中で転調を繰り返すJazzスタンダードを見事に歌い切った。

今回は全部客席で聴けたことは吉田にとって非常に有意義でした!

 

ザ・カシューナッツ_01_n

今後ますます【ザ・カシューナッツ】に期待しちゃいま~す(笑)!

 

このレビュー、当初3回の予定であったが、4回でお贈りする予定です。

 

Check it out!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017-10-01 | Posted in Blog, Gospel, Live, News, WorkshopComments Closed 

 

Soul-Jam! Presents Live vol.17 Review #1

すっかり秋ですねえ。

9/24(日)は西荻窪w.jazで年2回恒例のSoul-Jam! Presents Liveを開催しました。

数えると17回目、ゴスペルだけのイベントもあるので20回を遥に超えている。

今回は9組中初登場が2名、再登場が1名とちとフレッシュな顔ぶれもあった。

 

サポートは毎度お馴染みの

小畑智史(piano)

小畑_01_n


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松岡健(perc.)

まっけん_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このレギュラー2名に加え、w.jazの店主のちみちおこと竹内道郎(bass)が特別参加してくれたことで、サウンドに厚みが加わった。

 

ちみちお_n

 

 

出演順

1.比賀美穂

2.mihoco☆

3.ロナ

4.yukko

5.ザ・カシューナッツ

6.Madoka

7.大坂麻里子

8.大平真理子☆

9.じゅんじゅん

(☆は初出演)

まずはトップバッターの比賀美穂のレビューから。

新メンバーも多く、Soul-Jam!の中ではすっかりベテランとなった比賀美穂。

当初は声も細く音域も狭かったのだが、それもすっかり克服、今となっては16回目の出演のじゅんじゅんに次ぐ存在になって来た。

トリを任せられるぐらい力を付けてきたが、今回はイベントの都合でトップバッター。

2曲のエントリーで、1曲目はソロで松田聖子の

1. 『Sweet Memories』

9/9にバンドと合わせのリハがあった時は今ひとつであったが、本番にはしっかり仕上げて来た。

アイドル時代の聖子ちゃんの曲だが、改めて名曲だなあ…と思わせてくれた。

もう1曲はBasiaの超絶難曲

2.『Drunk On Love』

House調のダンスナンバー

最近、150cm前後のメンバーと組んだトリオ【Chebbys】の3名でのパフォーマンス。

Dee-Light Choirの美穂、Sparksの真理子、日吉Choirの愛の3名とも別Choir所属ながら気が合ってサポートし合ってます。

 

比賀美穂_01_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかーし、スキャットコーラスがちとJazz入っててかなり高度なハーモニーとシンコペーション。

このハーモニーを美穂が全部拾ったらしい、ごいす~!

譜面にするとバッチリな愛はいいが、音符もハーモニーも余り得意でない真理子はかなり苦労したそう(笑)。

何度も一緒にスタジオは行って練習したそうです。

ホントに出来んのか?と思っていたが、いやいや、なかなかやるじゃないか!

よく頑張りました!

 

比賀美穂 & Chebbies

 

そして当初入る予定の無かったBassのちみちお君、実はGuitarとvocalが専門でBassは遊びなはず、だが本職顔負けに上手い!

そこに支えられた部分も大きいね。

【Chebbys】は11月に開催される【イロドリLive】にもエントリーしているらしい。

比賀美穂、Chebbys共に今後に期待します。

 

———————————————————————————-

 

2番目に登場はやはりDee-Light Choir所属の【mihoco】

彼女はバンドでKeyboardを担当しているという変わり種。

当然ハーモニーにも強いため期待も膨らむ。

選曲からしてもJazz寄りのFUNKやAcid Jazz系のサウンドが好みらしい。

 

mihoco_01_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.Walking In New York

Cha Cha Cha系のJazzナンバー、珍しくpianoの小畑がマイクを要求、なんとコーラスを付けた。

これは9年目を迎えたSoul-Jam! Liveでも初めての事。

mohocoの声は細めのトーンではあるが、こういう軽快な曲調にはマッチしててなかなかいい感じ。

mihoco_02_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.Never Stop

Brand New Heaviesという90’sにブレイクしたIncognitoと並ぶAcid Jazzの雄のヒットナンバー。

90’s前半には吉田のバンドでもカバーした曲でもある。

mihocoが持って来たのはRe-mixバージョン。

これも彼女に合ってると思います。

今まで他にも数曲練習したけど、この2曲は非常にいい選曲でした。

本人がビブラートを本格的にコントロール出来る事を課題にしているので、次回はそれをLiveで使えるようしっかりトレーニングしたいね。

—————————————————————————————

 

 3番目に登場は最年少

ロナ

すっかり背も伸びて大人っぽくなって来たところにメイクも入って、登場した途端「かわいい!」と声が上がる。

今回は全く毛色の違う2曲

 

1.少年時代

ロナ_少年時代

 

言わずと知れた井上陽水の名曲、TFOS Choir所属の真理のギターをバックに歌う。

 

真理

今までは緊張でガチガチになっていたが、今回はちょっと余裕が出てきたようだ。

以前はピッチが不安定な部分が多々あったが、最近は喉のポジションを変えないトレーニングの効果が出てきたようで、安定感がかなり出てきた。

音の繋ぎもよく出来ました。

真理のギターもなかなか良かった。

やっぱ日本語の曲はいいね!

2.Don’t You Worry ’Bout A Thing

元はStevie Wonderのナンバーだが、今年公開された映画【Sing!】を見て感銘を受けたらしい。

Tori Kellyが歌っているバージョンを参考にしたが、これがまた超絶!

高音域のフェイクの難易度が超絶なため、止めさせようとも思ったが、本人のやる気を買って「Go!」。

母のオリエに「こりゃ振り付けなきゃね!」と言ったらしっかり付けてきた(笑)。

ロナ_01_n

 

客席からは再び「かわいい!」の連呼。

一番難しい後半ブレイクの超ハイトーンフェイクは失敗したものの、よく頑張りました。

次回がまた楽しみだ!

 

レビュー#2は土曜日にアップ予定。

Check it out!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

21768113_1547156335328037_3719825657027244892_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017-09-29 | Posted in Blog, Gospel, Live, News, WorkshopComments Closed 

 

横濱ゴスペル祭2017~Soul-Jam! Mass Choirとしてエントリー

4月ももうすぐ終わり、週末からはGWに突入しますねえ。

Soul-Jam!としてはそろそろ横濱ゴスペル祭の準備を始める季節になって来ました。

 

今年の横ゴスは7/1(土)に【大さん橋ホール】で開催される。

 

ここ数年は大ホールに出演させていただいています。

まだ出演は確定していませんが、大ホールでエントリーさせていただいています。

 

今回もワークショップを開催して一般参加者を募集します。

 

Soul-Jam! Mass Choirのメンバーとして横ゴスに出よう!

ワークショップ日程

6/11(日) 15:45~17:15 下馬南地区会館 大会議室(最寄:東横線 学芸大学駅)

6/18(日) 18:15~19:45 下馬南地区会館 大会議室

6/25(日) 18:15~19:45 太子堂区民センター 音楽室 (最寄:田園都市線 三軒茶屋駅)

参加費 7,000円(ゴスペル祭参加費1,500円含む)

本番 7/1(土) 13:00~20:00(仮) 大さん橋ホール

集合11:00(仮)

定員 25名

締切 5/20

お申込みはinfo@soul-jam.netまで

参加者大募集しています。

 

 

 

2017-04-26 | Posted in Blog, Gospel, News, WorkshopComments Closed 

 

In Unity 2016~ゴッパチコーラス隊 本番

ゴッパチコーラス隊 @ In Unity 2016
Soul-Jam! 吉田英樹です、改めて本年もよろしくお願いします。

さて、先日の1/10(日)は川崎最強の音楽イベント【In Unity】が中原区役所5階会議室で開催されました。

毎回オープニングを飾る名物となった【ゴッパチコーラス隊】、吉田英樹、2011年より指導させていただいています。

何と今回で6回目、リピーターも多く皆さん熱心に予習復習して来るので、たった4回のワークショップながらも毎回思った以上の仕上がりを見せています。今回は毎度会場になっているエポック中原のホールが工事中で使用できない関係で、中原区役所での開催となり日程も3月ではなく1月ということに。
さらにステージの規模から募集人数をいつもの100名から60名に減らすことに。人数を超えた場合は抽選にする意向でした。ところが実際応募数は史上最大の90数名。実行委員長から相談を受け、せっかく応募いただいたのだから何とか全員受け入れる策はないかと考えた結果、いつも3曲でやっているところ、4曲にしてステージ上で歌うのは2曲、ステージ袖で2曲と言うように2組に分ける方向で決定。
4曲と言うのはこちらも負担になるわけですが、出演者も覚えるのが大変と言うことで、全曲パート別を用意させていただきました。
さてさて、なんだかんだ1/10(日)当日を迎えてしまいました。
天気に恵まれて、ゴッパチの控室、社食(会社じゃないけど…)からは何と富士山が見えた!
富士山
社食は4階で周りには高い建物が無いため、見事に見える。中原区役所の皆さんは天気のいい日は富士山に会えるんだ、いいなあ(笑)!
10時に集合、10:15から説明会のあと10:30にはリハーサルを始めました。
ゴッパチ_リハ_03
毎回おそろいのTシャツでのパフォーマンスですが、今回は黄色。この映像、私はまだ着替える前でした(笑)。
まずはストレッチから始めて、フクロウ、犬、F-1等をやってから曲の練習に。
He’ The Greatest
Jesus Is The Answer
Ain’t No Mountain High Enough
I Believe I Can Fly
ゴッパチ_リハ_02
まずはHe’s The Greatestの簡単な振りの確認から。
付け焼刃ながら皆さん何とかこなして形になってきました。
ゴッパチriha
ゴッパチ_リハ_02
11:00からはステージでのリハーサル。
待機中に先に会場へ行ってこっそり写メを。
仮設ステージはこんな感じ。区役所の会議室とは思わないでしょ?
DSC_4256
客席。
DSC_4260
んで並んでみました。
DSC_4261
ゴッパチ_ステージリハ_01
実質20分ほどながら1時間弱のリハーサル時間をいただきました。ステージ上60名と制限があるため、人数が少ないテナー以外のメンバーはA、Bチームに分かれ、入れ替わるため、その場当たりも含むための措置です。
下手側に陣取ったBチームの皆さん。ステージ下ながらもここでも歌います。
DSC_4258
そのあと出演者のための説明会が行われました。
 そしていよいよ本番。

中原区長、反町実行委員長の挨拶があり、実行委員長よりゴッパチコーラス隊が呼び込まれる。いつもはホールなので緞帳(幕)の中で板付きなのだが、そう言った意味でも今回は特別感に溢れている。
さあ、始まりました
1曲目のHe’s The Greatestはちとラテン系ビートのアップテンポでノリノリのナンバー。原曲はJohn P. Keeがシャウトしまくっているが、その役を私が担当。歌詞を先行して歌うため、Choirを引っ張る役割です。正直私は指揮をしてるよりこちらの方が得意です。みんな楽しそう!
ステージ前でアシスタントで参加のHirokoとAyaに振付のリーダーをやってもらいました。
彼女たちの存在は私が目が届かなかった時や
終盤Yeah!の連呼がありますが、ここで普段間違えないところで順番を間違えてしまいました(笑)!

皆さん大変申し訳な~い!

とは言え大崩れすることもなく、元気よく終了!
2曲目はJesus Is The Answer
男性リード2名をフューチャーしたバラードナンバー
後半転調後は短3度あがるため、否応なしに盛り上がります。
いい感じで終了。
年々レベルが上がってきています。
もちろんリピーターが育ってきていることもあると思いますが、スキルのあるメンバーが集まってきてる気がします。
ここでAチームとBチームが入れ替わります。40名弱、計70名超が移動するのでちと時間がかかります。
無事入れ替わって、
3曲目はAin’t No Mountain  High Enough
これは女性のソロがたくさんあります。
トップは小学生のしーちゃん、本番直前は緊張して涙目になっていましたが、本番始まるとバッチリ歌ってくれました。
掛け声役のマリコさんもリハでは緊張してたようだけど、無事役目を果たし、他のメンバーも楽しそうに歌ってくれました。
って、そりゃ楽しいよね!
この曲を選んだ理由としては、天ラブでやっていたから馴染みも深い、テンポがあって明るい。
そしてなによりもたくさんの人にソロを取ってもらいたかったからです。
このソロを選考するために3回目のレッスン終了後にオーディションを催しました。
結構スキルのある人たちもいて、とても有意義でした。
残念ながら選ばれなかった人たち、挑戦してくれてありがとう!
でもけしてダメだったわけじゃなくて、他にもう少しいい人がいただけです。
また是非挑戦してね!
そしてラストは自分のリードで締めました。
I Believe I Can Fly
私を知る人はこの曲を十八番(オハコ)と呼びます。
今までゴッパチではHe’s The Greatestのようにリーダー役はやるけどソロはあまりやらずにいました。
今回は1曲多いということでこれを選曲しました。
以前横濱ゴスペル祭でAto Mass Choirで歌いましたが、この人数で歌うのはあれ以来。
やはりMass Choirをバックで歌うのは最高です。
最後のFly, fly, fly………は本当に感動的でした。
終了後は15時半から打ち上げ。
4割ほどのメンバーが参加してくれました。
ゴッパチ打ち上げ_02
ビールの旨いこと旨いこと(笑)!
_01ゴッパチ打ち上げ
楽しかったね!
さて、少々裏話を。
区役所での開催、実は練習場所と同じ5階。3つに分かれる会議室を開け放して客席を300席設けて…
『えっ、役所の会議室?』と思われるでしょう。
実は毎回使用している【エポック中原】の大ホールが工事中のために使用できず、何と区役所にステージや音響機材を持ち込んでの開催となった。

こう書くと、書くと「ふーん、いつもと場所が違ったんだ」と聞き流すところ。
しかしこのイベント、中原区役所地域振興課とIn Unity実行委員によって企画運営している上、入場無料なので、ほとんどがボランティアスタッフで成り立っています。

ステージ設営は前々日から行われ、翌11日には完全撤収。要は連休を使って設置、本番、撤収したわけです。区役所職員の方、実行委員、ボランティアスタッフの皆さんが休みを返上して設営、撤去してくれたからこそ、楽しくて素晴らしいステージが実現したことを忘れないでください。それもステージ機材の搬入は正直めっちゃ大変だったと思います。私も学生時代にバイトでやったことがあるのでその大変さは身に染みるほどにわかっています。

もちろん、今までの開催も大変なこと満載だったと思いますが、今回は本当に特別。

まさに手作り…

 

実行委員の皆さん、中原区役所の皆さん、そしてボランティアでお手伝いしてくれたゴッパチ有志の皆さん、バンド、ダンスの出演者の皆さん、そして全スタッフの皆さん、アシスタントでたくさんお手伝いしてくれたHiroko & Aya、

そしてゴッパチ参加者の皆さん、

お疲れさまでした!

ありがとうございました!

 

そしてまた来年も是非ゴッパチコーラス隊をやりたいと思っています。

 

よろしくお願いします!

2016-01-22 | Posted in Blog, Gospel, Live, NewsComments Closed 

 

【ゴッパチコーラス隊】ステージ終了後打ち上げのついて

  • 【ゴッパチコーラス隊ステージ終了後打ち上げについて】

    今回吉田先生のアシスタントに入らせていただいております新島です。

    深澤と新島の主催で、ゴッパチコーラス隊ステージ終了後に打ち上げを企画しております。

    (区や実行委員会の主催ではありません。区への問い合わせはなさらないで下さい)

    ステージ終了後の15:00〜16:00辺り開始で、近隣のお店での開催を予定しております。

    参加費は飲み放題で3000円〜3500円位を考えています。

    12/27のレッスン参加者の皆様には参加の可否をお尋ねさせていただきました。

    しかし考え中の方やお尋ねから漏れてしまった方、またレッスン欠席の方も多く人数の確定が難しい状況です。

    もし参加をお考えの方で出席の表明を当方にお伝えがまだの方は、下記のメールアドレスまでご連絡下さい。

     bijou_nezmy2140@i.softbank.jp になります。

    本日中受け付けておりますので、ご連絡お待ちしています。

     

    よろしくお願いします。

2016-01-07 | Posted in Blog, Gospel, Live, News, WorkshopComments Closed 

 

横濱ゴスペル祭2015に出よう!

80名のMass Choirに加わって一緒にGroove溢れるハーモニーを作りませんか?

 

Soul-Jam! Mass Choirでは譜面を使用せずパート別の音源を用意しますので、初心者でも参加できます。

 

横濱ゴスペル祭2015 @神奈川県民ホール(日本大通り/関内が最寄)

8/23(日)午後~20:00ぐらいまで(まだ発表になっていませんが、例年こんな時間です)

参加費6,000円(イベント参加費1,500円含む)

ワークショップ×3

講師 吉田英樹(Soul-Jam! Groove Master)

7/26(日)18:10~19:50 下馬南地区会館 大会議室

8/ 2(日)15:40~17:20 下馬南地区会館 大会議室

8/16(日)15:40~17:50 下馬南地区会館 大会議室

*下馬南地区会館(最寄:東急東横線学芸大学駅)

各日程、最大30分の延長の可能性あり、16日はレギュラークラスのメンバーも合流しての総練習になります。

ワークショップでは曲の練習だけでなく、どうアプローチすればGroove出来るか?どうすればエキサイティングな声が出せるのかを皆さんにお伝えして行きます。

3回のワークショップを通して、皆さんが本当に気持ちよく歌えるようになったら最高です。

 

募集人数30名

 

お申し込み、お問い合わせはこちら

 

申込み締切7/13(月)

 

=== 課題曲 ===

He’s The Greatest/John P. Kee & The New Life Community Choir

Jesus Is The Answer/Michael W. Smith(Tribute To Andrae Crouch)

 

音源や歌詞などの資料はネット上のストレージサービスサイトにアップしますので、そこからダウンロードしていただきます。

もしDL出来ない方はご連絡いただければ郵送します(郵送費を負担して下さい)。

 

たくさんのお申込みお待ちしています。

 


 

2015-06-16 | Posted in Blog, Gospel, Live, News, WorkshopComments Closed 

 

新アドバンスクラス スタート

木曜日に新しいアドバンスクラスが誕生します。

本日第一回目のレッスン。

アドバンスとは言っても特にオーディションなどは無く、ゴスペルクラス経験者でモチベーションが高ければ資格有りです。

本気でGrooveするハーモニーを作って行きたいメンバーを大募集しています。

 

月2回木曜日(基本1、3週目)20:10~21:40 @渋谷のスタジオ

月謝制 月 5,000円

入会金 2,000円 (7月まで無料キャンペーン中)

講師 吉田英樹

 

無料体験も受け付けています。

お問い合わせは info@soul-jam.net

6月のレッスン

6/4、6/18

7月のレッスン予定

7/2、7/16

2015-06-04 | Posted in Blog, Gospel, NewsComments Closed 

 

Japan Mass Choir

超エキサイティングな情報です。

facebookやTwitterでは簡単に告知済ですが、改めてこちらで告知させていただきます。

 

 

【日本発ゴスペルで米国市場に挑戦!】~Japan Mass Choir~1,000人クワイヤ&ビルボードチャートイン

 

omote_800 ura_800

 

これはGospel Squareの代表ジェンナさんと黒人Bassist/ProducerであるJett Edwardsの出会いで始まった壮大なプロジェクト。

Jett EdwardsとはBass playerとしてAndrae Crouch、Shirley Caesar等のゴスペルレジェンドやElton John、Bobby Womack、Paul McCartney等のビッグネームと共演。

ProducerとしてJanet JacksonやDiana Ross、The Temptations、George Benson等を手掛けたという経歴の持ち主。

そんなJettさんのプロデュースで制作されるのだからこれは本物である。

正直今までありえなかったことがここに実現する。

1,000名のMass Choirで2曲、関東で活躍する約40名のゴスペルディレクターたちが集結して2曲を録音して全米リリースするというとんでもない企画なのだ。

詳細は上記のフライヤーを見ていただきたい。

Instrumental(オケ)は事前にUSAで録音され、3/14に全体リハーサル、3/15にレコーディングされる予定。

 

多数のご応募お待ちしています。

 

みんなで全米のチャートに殴り込みだあ~!

 

お申込み、お問い合わせはこちら

 

 

 

2015-01-07 | Posted in Blog, Gospel, News, WorkshopComments Closed 

 

明けましておめでとうございます!2015年

Soul-Jam!に関わる皆さん、そしてこのブログを読んでいただいている皆さん、いつもありがとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いします!

さて、2014年はSoul-Jam!激動の1年でした。

特に下半期は目が回るほど…

吉田としては、7月には16年もお世話になった恵比寿のスクールを離れて、17年の講師生活の中で完全フリーに突入。

それを機に7月にはSoul-Jam! Singers、9月には日吉Choirの二つのChoirを立ち上げた。

7月に【横濱ゴスペル祭】、10月に【Gospel AID For Kids】に参加、それに伴うワークショップ開催、Paradi-Soulの『Stand Up』生&Choirレコーディング。

その間9月に定例イベント【Soul-Jam! Prsents Live】を挟み、Paradi-Soulの2nd single『Happy Xmas』のレコーディング、11月にリリース。

12月には【Soul-Jam!イロドリXmas Gospel Live】を開催。

12月からは八王子の老舗Liveハウス【Cinema Club】のリニューアルに伴い、一部ブッキングに関わらせていただいたりと、着々と活動の場が広がってきました。

2015年には2/1に恒例の【節分Live】、2/28には【Soul-Jam! Presents Live】、3/8にはゴッパチコーラス隊の【In Unity 2015】が開催される。

さらに3月には今後の日本のGospel界の未来を占うような大プロジェクトが控えている(5日に発表させていただきます)。

5月のゴールデンウイークに開催される【Gospel College】では『Groove溢れるゴスペルワークショップ』と言うタイトルで講師を務めさせていただきます。

昨年上半期までけしてそんなにイベントが無かったわけではありません。

2015年はその内容と規模の大きさ、そして自分の意識が明らかに変化して来ました。

皆さんによって素敵な1年になりますように。

2015年もSoul-Jam!、どうぞよろしくお願いします!

Soul-Jam! 吉田英樹

2015-01-01 | Posted in Blog, Gospel, NewsComments Closed