News

ゴッパチコーラス隊2019

いよいよ明日、いやすでに今日、In Unity 2019に出演する大所帯Choirの【ゴッパチコーラス隊】のワークショップが始まる。

今回は3曲、横濱ゴスペル祭で歌った『Jesus Is Real』、今日吉Choirで歌っている『Every Praise』と確か2011年にゴッパチで歌った『Make Us One』の3曲。

今回は基本音源の渡しはWebからのダウンロードになります。

ダウンロードできない人たちのためにCD-Rで渡すことになりました。

 

DL期限を無期限にして再アップしました。

 

DLリンクはこちら

☆Jesus Is Real

All_Jesus Is Real

Sop._Jesus Is Real

Alto_Jesus Is Real

Tenor_Jesus Is Real

 

☆Every Praise

原曲_Every Praise

All_Every Praise

Sop_Every Praise

Alto_Every Praise

Tenor_Every Praise

※パート別に歌が入っていないので、原曲をアップしました。

構成はパート別と一緒です。

☆Make Us One

原曲_Make Us One

All_Make Us One

Sop._Make Us One

Alto_Make Us One

Tenor_Make Us One

構成は原曲と一緒です。

転調時の音符が原曲と違い、パート別のような感じになります。

 

ワークショップ時には録音できるICレコーダーや携帯のアプリ等を使って録音して復習できるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

うかん

 

 

 

2018-11-10 | Posted in Blog, Gospel, News, WorkshopComments Closed 

 

Soul-Jam! Presents Live vol.19~レビュー#8

またすっかり放置気味のLiveレビュー再開します。

 

8. Kumicky

 

元はVoice Of Japanに参加、その後Gospel Square、Japan Mass Choirに参加しながら和Gosnation、Bon Voyage Choirなどにも参加する、まさに歌漬けの生活を送る【Sexy Widow】ことKumicky。

3回目の登場!

 

8-1.Over The Rainbow

ミュージカル映画【オズの魔法使】の劇中歌で、Jazzのスタンダードとしてもよく歌われている曲。まあ知らない人がいないくらい有名でしょう。

Ariana Grandeがこの曲をゴスペル調にアプローチしているyoutube動画があって、それを参考にしたようだ。

まあそれ程ゴスペル調にはならなかったものの、小畑のピアノをバックにKumickyらしく綺麗にまとめた。

もう少しダイナミックさが出てきたらいいね。

 

40685732_1044641052369686_7843932058681344000_n

それにしても毎回決めるこのポーズ、この人緊張するとかあるのだろうか?

 

8-2.卒業写真

言わずと知れたYuming(荒井由実時代)の名曲。

いろんなアーティストのカバーもある、中には海外アーティストも取り上げていたり…

 

40611746_1143414572491318_4258159323194064896_n

 

私もまだ中高生の頃、Soulにハマる前後の多感な時期であった。
レッスン時にハモってたらいつのまにか参加する事になっていた(笑)。
そんな訳でステージに呼ばれ…

なんかハモってたら楽しくなってきて、つい本気モードに(笑) 。

40584443_1143414575824651_5516256618305552384_n

改めて、Kumickyは日本語の歌の方が合っているなあ。それも当然かも知れない、ゴスペル以外では英語曲はほとんど歌って来なかっと聞いている。

当時20代前半であったYuming、メロディーはもちろん歌詞も素晴らしい。

ある意味歌があまり上手くないのもそのテイストの一つだった。

当時のアーティスト(70’s当時はそんな言い方しまかったかも?)はやっぱ凄かった。

Kumickyはほぼ同年代なので、持ってくる曲はだいたいわかる(笑)!

さてさて次回のLiveが決定しました。

2019年2月24日、w.jazで日中開催します。

 

今週中に残りの3組をアップする予定!

 

 

 

 

 

 

2018-10-23 | Posted in Blog, Live, NewsComments Closed 

 

Soul-Jam! Presents Live vol.19~レビュー#7

すっかりイベント終了から1ヶ月を過ぎてしまったため、連投になります。

ザ・カシューナッツのあと、10分の休憩を挟んで後半がスタート。

 

#7 yukko

 

地元川崎のChoirに参加しながら、Soul-Jam!の【Dee Light Choir】にも参加、さらにボイトレ受けているyukko。

さぞ音楽漬けの生活であろう、と思いきや、20年以上前にやっていたSaxをまたやり始めたというから驚きだ。

 

1. My Ever Changing Moods

Paul Weller率いるThe Style Councilのヒットナンバー。

80’s中期の曲なので聴き覚えはあった、しかしPaulと言えば元【The Jam】というパンクバンド出身。

いきなりSoul系の影響が強い楽曲をリリースし始めたので、当時は驚いたものだ。

さて、肝心のyukkoのパフォーマンスであるが、Pianoの小畑とのDuo。

原曲はバンドでやっていてHornまで入ってる豪華なサウンドなのであるが、piano versionというのがあったらしくそれを参考に。

 

中低音が籠ってしまう癖は相変わらずだが、前回あたりから頭角を表してきた高音域の抜けは進化している。

そんなわけでなかなか気持ちよく歌ってたような気がする。

 

2.Street Life

Jazz-Fusionの代表的グループ【The Crusaders】のヒットナンバー、黒人女性シンガー【Randy Crawford】をフューチャリングした『Street Life』。

昭和時代を過ごした我々にとってはFusionの草分け的曲、懐かしい。

40574302_1834775759974565_9095141836862783488_n

 

 

 

そう、この曲でSaxに挑戦した。

リハの日に初めてyukkoのSaxを聴いた。

いやいや、音色も音の繋ぎも悪くない、結構行けるじゃん?と思わせてくれた。

当日のリハでも同じような感じでプレイしていた。

しかーし、本番は力んでしまったか、ヴァース部分のプレイで何度も音がひっくり返ってしまった。

その後歌は落ち着いてノリノリ感を出して乗り越えたのはさすがだ。

 

40694509_1143414569157985_932337602101510144_n

Saxはまだまだ経験が必要なようだ。

ただyukkoの音楽に対するモチベーションは評価に値する。

まだまだ発展途上、これはいくつになってもである。

ちなみに私自身も全然成長段階にあると思っている。

きっとSaxが上手くなったら歌も突き抜けるかもなぁ?

息を使うという意味ではかなり共通してるからだ。

 

yukkoはこれ以外にもJapan Mass Choirのツアーに参加していた。

そのJMC仲間のKumicky & Junkoとの3ショット。

40475552_1834775869974554_1436471745090420736_n

 

2018-10-05 | Posted in Blog, Gospel, Live, NewsComments Closed 

 

Soul-Jam! Presents Live vol.19~レビュー#6

すっかり10月に突入、2018年もあと3ヶ月を切りました。

Soul-Jam! Presents Live vol.19のレビューがまたすっかり滞ってしまいまして申し訳ありません。

あれからもう1ヶ月が過ぎてしまいました。

 

#6【ザ・カシューナッツ】

 

今回で7回目?の登場。

 ザ・カシューナッツは結成4年、すっかりSoul-Jam! Liveの名物になったトークとパフォーマンス。

毎回ゆばばの爆笑トークを楽しみにしてる方も多いだろう。今回もまた自虐ネタで会場が『ドッ!』と沸く。

初期の頃はとても二人だけでステージに挑む状態ではなく、吉田が黒子のように加わり3人で歌ったが、3回目から二人だけで歌うように…

4回目の時は自分たちで選曲して二人だけで歌った。

二人は平均70超であるが、どんどん上手くなって来た。

いくつになっても人間は進化する。

そのお手伝いが出来て本当に光栄です。

前回は1940~50年代の曲だったが、今回は20世紀初頭に作られた2曲。

 

1. 小さな喫茶店

一曲目は1928年にドイツの作曲家によって書かれたタンゴ曲。

ドイツ生まれのタンゴってのが面白い。

日本では昭和初期に『中野忠晴』によって歌われてヒット、この原曲を聴くと中野さんとてもスムーズな声。

今で言うミドルボイス、さしずめ昭和の平井堅といった感じ。

この曲、ザ・ピーナッツも歌っていたのでそのバージョンを参考にした。

優しいメロディーで簡単そうに聴こえるが、実は半音進行が多くて結構難しいのだ。

実際レッスンではメロの修正が必要だった。

40534854_1834775233307951_6822488775839449088_n

 

その甲斐もあったか、二人共非常にリラックスして歌えたようだ。

まあまあを遥かに上回る90点!

 

2. りんごの木の下で (In The Shade Of The Old Apple Tree)

もう1曲は1905年にアメリカで作られた、Jazzのスタンダードナンバーとしても知られる『リンゴの木の下で』。

日本ではディック・ミネが1937年に日本語でハワイアン風に歌ってヒットさせたのが有名。

我々の世代だと【上海バンスキング】で吉田日出子によって歌われたバージョンが2002年に車のCMで使用されたので聴いたことがある方も多いだろう。

 

40784069_1143414492491326_6345048464480534528_n

このザ・カシューナッツ、元々同じ職場で知り合った先輩後輩の仲。

自主練もMTGもよくやっていて、このLiveに向ける情熱は若者と変わらない、いや、それ以上なのである。

 前回もそうだったが、最近エンターテインメント的アプローチを仕掛けてくる。

要は参考音源通りではなく、いくつかのバージョンを組み合わせた構成を考えて来た。

1番は日本語でゆったりとしたテンポで、2番は1.5倍ぐらいの速さになって英語で歌うというのだ。

事前にリハーサルと打ち合わせを兼ねてピアノの小畑氏を呼んで万全を期した。

2番の英語は最初全然テンポについて行けずかなり苦労したが、最終的には遅れずに歌えるようになった。

40604774_1143414905824618_6801196110397308928_n

まずドット柄のワンピースが意外に(笑)似合っちゃうところが素敵!

本番もバッチリ歌い切りましたぁ。

小畑のピアノ弾きながらの足タンバリンがまた効果的だった。

実はザ・カシューナッツの二人共に、病み上がりで4月、5月をお休みしていた。

そんなことは全く感じさせず、病から順調に回復しているそうで一安心。

また次回も元気よく出演してくれるだろう。

どんなネタ仕込んでくるか楽しみである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-10-05 | Posted in Blog, Live, NewsComments Closed 

 

Soul-Jam! Presents Live vol.19~レビュー#5

すっかり秋らしくなりましたが、雨続きでちと閉口気味。

また連休になりますが、23、24とLiveがあります。

9/23(土) Hideki & 美月 Aco. Live @ CHEROKEE Live Tavern

9/24(日) 吉田英樹 Soul Session @ 自由が丘McCartney

すっかり放置気味でしたが、Soul-Jam! Presents Live vol.19のレビューを再開します。

 

5. 荒井優花

前回初登場の19歳、大学2年生。

TFOS Choirのメンバーでもある荒井優花、

前回は直前に喉の調子を崩したが、何とか持ち直してステージをこなした。

知り合いのミュージシャンの紹介でSoul-Jam!の仲間入りしたが、最初から高いポテンシャルを感じさせてくれていたので、ちょっと苦いデビュー戦になった。とは言えWinding Road(コブクロ&絢香 )を吉田と堂々とDuetするなど非凡なところを見せてくれた。

今回は万全とまでは行かないが、体調を崩すことも無く元気いっぱいの優花で挑んだ。

1. SexyLady/Jessie J

40595137_1143414365824672_4911092629627731968_n

UK出身のシンガーソングライター、Jessie Jのナンバー。

元気いっぱいの優花にはお似合いのナンバー。

同じTFのメンバーでもある真理(しんり)のギターストロークで始まる。

この真理のギターがまたなかなかキレのいいプレイ、それに呼応するように優花がいい感じで歌い始めた。

優花の良さはその小気味いいほどキレのあるリズム感溢れる歌声。

会場もすっかりホットな雰囲気になった。

 途中声が裏返る部分があったものの、気持ちよさそうに歌い切った。

2.Note To God/Charice

2曲目はフィリピン出身の(元)歌姫、Chariceのバラード曲。

40642313_1143414465824662_2989513236216283136_n

  まずは超絶に難曲であるこの曲に挑戦する根性が凄い。

転調前まではまずまずであったが、後半力んでしまいいっぱいいっぱいになりながらも歌い切った。、

 ラストのロングトーンが残念ながら伸び切らなかったが、高いポテンシャルを感じさせるパフォーマンスになった。

今後がまた非常に楽しみだ。

 

2018-09-22 | Posted in Blog, Live, NewsComments Closed 

 

Soul-Jam! Presents Live vol.19~レビュー#1

先日は北海道は胆振地方が震源となり、大地震が発生。

姉の住む札幌、両親のいる小樽はほぼ電気も復旧、

ただ震源の近いあたりはまだまだ土砂崩れなどの危険性もあり、予断を許さない状況です。

一刻も早く安心して生活が送れるよう復旧しますように。

さて、Soul-Jam! Presents Liveも19回目を迎えた。

年に2回やっているので次が丸10年ということになるが、実は一度だけ開催を見合わせたことがある。

そんなわけで、Soul-Jam! Liveとしてはすでに丸10年経過しているわけだ。

会場はvol.17からお世話になっている友人【ちみちお】がオーナーの店、西荻窪【w.jaz】。

今回は新メンバーもいて、それぞれのメンバーのスキルもかなり上がって来ていたので非常に楽しみであった。

 

表_日

 

 

 

 

 

 

 

トップバッターはvol.16から出演しているMadoka。

トップバッターはある程度の回数を重ねないとやらせない。

そんなわけですっかり中堅どころとなったMadoka。

 

40656951_10212293905573776_1363752829168123904_n (1)

2つのレギュラーChoirに加え、長谷川繁のSpecial Choirにも参加している、非常にモチベーション高いメンバー。

 

1.Madoka

40684892_10212293905373771_8664328682606690304_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1-1. Rolling In The Deep

1曲目は最初に出演した時に歌ったAdeleのヒットナンバー『Rolling In The Deep』、

今回はコーラスにAtoのゴスペル仲間でもあるOrieと【Sparks】で一緒の真理子を迎えてのパフォーマンス。

初登場であった前回と比較するまでも無く、スキルアップと同時にステージの経験値が大きい。

TFOS ChoirのメンバーでもあるGuitaristの真理(しんり)のギターで始まる。

Madokaは今までよりも遥に落ち着いていたのと、2人のコーラスに支えられて伸び伸びと歌っていた。

そのコーラスの2人は旧知とは言え初コンビの割にかなりいい感じであった。

 

2-2. I Believe I Can Fly

吉田の18番としても知られるR.Kellyのヒットナンバー。

今回はPerc.のマツケンのスケジュールが事前リハと合わず、半分は小畑のピアノのみでやることにした。

このI Believe…もその1曲。

ゴスペルシンガーのYolanda AdamsのKeyで挑戦。

40607235_1143414249158017_776222498738929664_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう少し歌い込みが必要かな?

これも2年後ぐらいに再挑戦して欲しいね。

 

1-3. つつみ込むように

今回は日本語の曲は1曲、Misiaのデビュー曲に挑戦。

ちょうど20年前、私がボイトレ講師を初めて間もない頃だ。

あれから数年後はMisiaを歌いたいと持ってくる生徒さんが後を絶たなかった。

おかげさまで今でもこの『つつみ込むように』のコード進行を覚えていて、Madokaの練習にしっかりお付き合いできた(笑)!

今Jimが撮ってくれた動画を見ているが、Madoka、これが一番いい!

そして当日しか合わせてない【マツケン】のPerc.がお見事!

【小畑】のピアノソロもかっちょいいい!

そして実はGuitaristであるマスター【ちみちお】のBassがGrooveしている。

このメンバーにサポートされて歌うSoul-Jam!のメンバーは幸せだなあ。

Madoka、明らかに進化している。

また次回が楽しみ!

 

40576596_1143414259158016_1648800956676046848_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-09-08 | Posted in Blog, Live, NewsComments Closed 

 

Soul-Jam! Presents Live vol.5 レビュー #3

    しかし予報通りの猛暑続き、こんなのずーっと続くんかい?

    Soul-Jam! Gospel Live vol.5のレビュー第3弾です。

    このLiveは6/17に三軒茶屋Grapefruit Moonで日中開催されました。

     

さて、Soul-Jam! Gospel Liveのレビュー、今回は随一の大所帯である日吉Choir。

 

4. 日吉Choir

 

35518092_1811633722213629_6460708321694318592_n

 

 土曜日の午後という事で比較的出席率の高い日吉Choirではあるが、主婦が多いため子供の行事などでお休みするメンバーもいる。特に進学を控えているお子さんを持っていると大変。

日吉のエース、ソプラノの愛ちゃんは中でも一番忙しい、今年に入ってから5割を下回る出席率。そんな中3曲が新曲ときた。

 

 

4-1. Shake The Foundation

1曲めはSoul-Jam!ではどのChoirでもやった18番曲。

実はTFOS Choirを立ち上げる時にワークショップの課題曲に選んだもの。13年ぐらい前のことである。

Joe Paceの代表曲である。この曲を聴いた時にまさに『GospelはFunkだ!』と思った。

クラブでこの曲がP-Funkのナンバーに続いてかかっても何の違和感も無いだろう。

『Jesus』や『Lord』は登場するが、どう聴いても筋金入りのFunkだ。

この曲を作ったJoe Paceは間違いなく70年代のSoul/Funkに影響を受けている。

要は私と同じ時代を生きた人間、それも私よりは小さい時から聴いてるはずなので、自分よりも少し下ではないかと思った。調べたところ、予想通り5歳下であった。

すっかり余談が長くなってしまったが、日吉のメンバーの大半はJoe Pace世代(笑)!

コード進行はBlues進行でシンプルな構成であるが、ビートに乗らないとマヌケなノリになる。

なかなか掴んでくれない日吉Choirもこのところ随分と成長を見せている

7名もいる最大勢力のアルトは声量が無くノリが悪い集団だったが、身体を動かしながらしつこく指導したところ声量は倍増、ノリの悪さもかなり改善されて来た。

特に4声になったり主メロが足りない時に、他のパートに移動したりとよく頑張っている。

Shake The Foundationはテナーが二つに分かれるので、アルト女子の半数を女子に行って貰う。上から3、4、3、3という人数バランスであり、見事にいい具合になった。

昨年これをDLCが超絶ドミノ・バージョンでやったが、日吉は比較的易しいドミノ・バージョンでやった。

以前よりもTo shake!の部分にキレが出て来た。

もう少し動きもFunkな感じになって来たらもっといいなぁ。

でも前よりはかなり良くなってるのでまた次回に期待したい。

 

今回のMC担当は『バク』と『ハルミ』。

日吉には前回担当したメンバーが次回のMC担当を指名できるというルールがある。

シブシブ受けたバクであるが、次のレッスンには台本まで用意するというモチベーション!

当然セリフはハルミの分もあり(笑)。

途中しどろもどろになったり、内輪受けネタを出したが、まあまあだった、ということにしておこう。

 

4-2. Let Everything That Hath Breath

前曲のShake…をさらにテンポアップしたFunk曲、実はこれもJoe Paceの曲。

曲順は自分たちで決めさせる。この曲もJoe Pace曲だという認識を持っていないと思うので、偶然並んだようだ(笑)。

今回は一部を除いてメンバーのリード無しということもあり、全曲で吉田がリードした。

35713132_1811633728880295_2407345559003201536_n

 以前ゴッパチコーラス隊でやったことがあるので、半分ぐらいは経験者、そんなところも手伝ったかなかなかいい仕上がり!

 

4-3. Every Praise

Hezekiah Walkerの2013年の作品であるから、今回のLiveの選曲では一番新しい。

彼の曲はSoul-Jam!ではみんな大好きな『Souled Out』がレパートリーになっている。

多分『Stand By Me』やPoliceの『Every Breath You Take』をモチーフにしたと思われる、8ビートにノッて歌われているので、シンコペーション少なめで他の曲よりも分かり易くなっている。

このコーラスはかなり安定していた。

正直他のChoirは1人1本マイクだったため、バランスに問題があった部分もあり、それもハンドマイクの時はそれが顕著だった。

日吉はマイク共有ということも手伝ってか一番バランスが良かった。

 

4-4. In The Sanctuary

 

Kurt Carrの代表曲である『In The Sanctuary』

いやあ、「yes!」の*テーブルクロス効果が出てたなあ。

どんどん転調して行ってテンションがバリバリ上がっていく。

そして終盤はエース『愛ちゃん』の登場。

現在Soul-Jam!でこのHallelujahがイケるのは愛ちゃんぐらい。

でもこの曲をやると決まってからレッスンにあんまり来てなかった割りによく歌えるもんだ。

でも正直まるで心配してませんでした(笑)…

今までどうしても他のChoirよりも後塵を拝していた感が強かったが、今回は選曲の妙も手伝ったか堂々と並んだ感がある。

日吉Choir、唯一の神奈川県で練習するChoir、メンバー大募集していま~す。

 

* テーブルクロス効果とは

堺正章が新春かくし芸大会でやっていたテーブルにワイングラスを並べて、グラスを倒さずにテーブルクロスを抜く時の動きと『yes!』と歌う時に使う腹筋の使い方が一緒だと言う効果の事。吉田が良く使う解説。

2018-07-16 | Posted in Blog, Gospel, Live, NewsComments Closed 

 

Soul-Jam! Presents Live vol.18~Review #4

すっかり3月に入りましたね。

昨日は雨と強風で一時嵐のように荒れた天気でした。

さて、Soul-Jam! Liveのレビュー、前半終了したところで一休みさせていただきましたが、万を持して再開します。

 

7. 荒井優花

初出演である優花、非常にモチベーション高い19歳の大学生であり、Soul-Jam!期待の星でもある。

TFOS Choirにも所属している。

大学ではマジックのサークルに所属するという。

1. Winding Road/絢香 & コブクロ

コブクロと絢香のコラボでヒットさせた『Winding Road』を吉田とデュエットで披露。

原曲は3人で歌ってるため3声だが、ここでは2声に省略して歌った。

吉田がJ-popを歌うって珍しい!って思うでしょうが、確かにほとんど歌いません。

ただ実は5~6年前だったと思うが、この曲を月1回の仕事で歌っていたことがある。

改めて原曲を聴いたが、この3人は非常にスキル高くてこの曲自体もめっちゃいい!

本来は別の曲を歌う予定で、急遽このWinding Roadに変更になったためデュエットが実現した。

優花は数日前から喉の調子を崩し、話すとかなりガラガラ声だったが、ボイトレの効果もあったか難なく歌いこなした。

楽しかったなあ(笑)。

2. My Heart Will Gone/Celine Dion

あの映画【タイタニック】のテーマで、超難曲としても知られる曲。

まだミドルボイスを修得途中であり、喉の調子が悪い状態の中、前半は何とか乗り切った。

しかし、転調後はちょっと聴き苦しい場面もあったが、何とか完唱した。

スキルアップは必須であるが、それ以上に体調管理をしっかりして欲しい。

次回に期待したい。

 

8. Kumicky

Soul-Jam!には1月からの参加ながらいきなりのデビュー!

レッスン受けて半年未満の人が出演するのは初めてかも知れない。

ただゴスペルのキャリアは長く、亀渕由香さん&VOJAを起点に18年間ゴスペル歌って来たと言う大ベテラン。

2015年からはJapan Mas Choirのメンバーとしてアメリカ南部、LA、NYのチャーチなどのLiveにも参加、現在も複数のChoirに参加している。

非常にモチベーションの高いメンバーが加わった・

 

1. Sweet Memories/松田聖子

初回のレッスンでいきなりLiveに出たいと希望して来た。

まあ通常なら出さないところ、持って来た課題曲『Sweet Memories』を歌わせるとなかなか上手い。

カラオケ行ったらスターだろうな?

生演奏でさらに気持ち良く歌ってました。

ただ音域的にも楽な選曲、今後はSoul-Jam!に来た成果を見せる選曲に期待したい。

それにしてもこの『どうよ!』ってポーズがごいすー(笑)!

参りました~

Kumicky_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9.  天野京子

前々回Soul-Jam! Liveデビュー、前回はお休みだったので2回目の出演になる。

Soul-Jam!では日本語の曲はご法度?と勝手に思われていたが、英語の曲が苦手という事で初めて日本語の歌を持ち込んだ功労者(笑)。

1年ぶりでスキルアップをどこまでアピールしてくれるのか?

1. 糸/中島みゆき

天野は毎回歌詞の内容にこだわって選曲している。

MCを聞いているとそれがよく伝わってくる。

私はJ-popをほとんど聴かないため、生徒さんが持って来て初めて知る曲も多い。

レッスンで伴奏しながら聴いているとその歌詞の重要性に気付く。

やはり日本人としてダイレクトに伝わる日本語の方が伝えやすく、伝わりやすいのは当然である。

音域が楽な曲という事もあり難なくこなしたが、メッセージを伝えようという姿勢を感じたことは大きなアドバンテージ。

2. いのちの歌/竹内まりや

往々にして、流行り歌と言うものは大半がラブソングである。

しかしこの『いのちの歌』は愛を歌っている曲だが、ラブソングを超えた愛を歌っている。

これも楽な音域であるが、1年前と比較するとそのスキルは格段に上がっていた。

気持ち良さそうに歌っていた。

3. You Raise Me Up

世界的に人気のある曲で、非常にカバーの多い曲である。

私はこの曲をハウス調のダンスナンバーにアレンジして歌ったことがある。

某外資系生命保険会社のイベントで歌うためにアレンジした。

この曲は他の2曲と違い、幅広い音域を要するそれも初挑戦の英語曲。

最近はミドルボイスをかなり修得しつつあり、それを証明するにはもってこいの曲である。

レッスンで練習してるので、全く心配はしていなかったが、今まで不得手であった高音域も見事にこなした。

次回が益々楽しみになって来た。

天野京子_01

 

Soul-Jam!では洋楽、英語曲を中心に指導しているのは確かである。

とは言え、別に日本語で歌う、教えるのが嫌なわけでなく、みんなが遠慮して持ってこないだけなのだ。

吉田独自の日本語の歌唱メソッドがあるので、どんどん日本語の曲を持って来て下さ~い。

 

続く…

 

 

 

2018-03-05 | Posted in Blog, Gospel, Live, NewsComments Closed 

 

Soul-Jam! Presents Gospel Live vol.4 ~ レビュー#3

もうすぐクリスマス、毎朝晩は冷え込みますねぇ。

Gospelと言えばXmas、そりゃJesusの誕生日を祝う日だからそんなイメージを持って当然。

Soul-Jam!もそのイメージに合わせてゴスペルLiveは12月に開催することにしました。

(教会じゃ毎週日曜日は賛美しまくってますが…)

さて、Soul-Jam! Presents Gospel Liveのレビュー第3弾は唯一神奈川県で活動する【日吉Choir】。

2014年結成の新しいChoirであるが、最大人数を誇る。

ただ、結成当初から在籍し、Choirの顔的な存在であったソプラノの【紺ママ】が、仕事の都合で脱退してしまったのは非常に残念。

ただでさえ声がデカかった紺ママ、12名に減ってトーンダウンするか?と思ったが、

エース格、愛ちゃんを中心に残ったソプラノメンバーが奮起して頑張ってくれました。

1. Joy To The World

古典曲『諸人こぞりて』のゴスペルバージョン。

これは数多くの人たちがカバーしているが、参考にしたのは【Eddie DeGarmo】のバージョン。

リードを取ったのはテナーの要【ゆーぞー】、なぜゆーぞーか?

苗字が加山だから(笑)。

最近どのChoirも声量がアップしているが、特に顕著なのが日吉Choir。

以前はただ人数が多いというイメージだったが、ここのところ明らかにボリュームアップしている。

これは【ゆーぞー】のリードを聴けばよくわかるであろう。

前回『Jesus Is The Answer』で聴かせてくれた時の倍以上の声量を感じさせた。

鼻腔の共鳴を少し自分のものに出来たようだ。

あとは終盤に登場する難易度高い、通称【ドミノ倒しコーラス】も練習の成果あって概ね成功!

期間限定ナンバーなので次の披露は1年後になるが、また楽しみになった。

日吉_じゃんけん_n

2曲目は以前ゴッパチコーラス隊2014でもやった

3.Let Everything That Hath Breath

半数ほどのメンバーがゴッパチでやった曲という事もあり、練習量が少なくて済んだ曲である。

全体的にテナーがリードのようになってしまったのは、マイクの使い方がしっかり理解されていなかったこと。

パートの人数にバラつきがあるので、マイクの配置的に難しかった部分はあるが、もう少しシュミレーション↓練習ができたら違う結果が出たかも?

曲はアップテンポで勢いがあるので、その勢いは十分出せたかと思います。

最後の『It’s Time To Praise Him!』ではグー、チョキ、パーのじゃんけんになっているところ、今回も写真担当のツム氏がしっかり逃さず撮ってくれた。(上の画像参照。)

 

 3曲目は前回(2月)にも歌った

3. Jesus Is The Answer

日吉_Jesus-01_n

 前回はガンジーとゆーぞーのリードであったが、テナー新メンバーであるバクがゆーぞーに取って代った。

バクは歌の経験があまりないと聞いているが、その割に声は出るし、リズムや動きの感覚もいいので、Joy To The Worldのリードをゆーぞーに任せて交代させた。

さすがに2回目の披露であるので、コーラスはかなり安定気味。

1番はガンジーのリード、今回はAメロのみならず、サビのフェイクにも挑戦、なかなかいい出来であった。

2番はバクのリード。なぜバクかって?そりゃ苗字が大和田だからである。

初リードという事もあり、緊張したかレッスン時の方がよかったなあ。

もっと歌えるはずなので、次回に期待したい。

日吉_02_n

4曲目もやはり2回目の披露になる

4.Faith

D.O.T.S.が歌ったFaithとは違い、思い切りゴスペルナンバーである。

ゴスペルを題材にしたミュージカル【Mama I Want To Sing】で歌われた曲である。

 女子全員にソロを回すという企画、基本みんなソロなんて初めて、みんななかなか上手くは歌えなかったが、みんなの声が聴けてアドバイスする機会があって、非常に有意義だったと思います。エースの愛ちゃんに頼るところも大きかったけど…

Faithはちょっとハードルが高すぎた感はあり、メンバーから「辛かった」とか言われましたが、やって良かったって思っています。

次はもう少しハードルを下げて挑戦させたいと思っています。

メンバーも少しずつ増えてきて、いい感じになって来た日吉Choir、2018はもっと盛り上がって欲しいなあ。

次回は日曜日にアップ予定。

 

2017-12-22 | Posted in Blog, Gospel, Live, News, WorkshopComments Closed 

 

Soul-Jam! Presents Gospel Live vol.4 ~ レビュー#2

もう昨日になりますが、北風が強くてめっちゃ寒い日になりました。

そして2017年もすっかり2週間を切ってしまいました。

12/17は【In UnityでGospelを歌おう!】のワークショップ(以下WS)第2回目でした。

1.『Trading My Sorrows』

2.『I Won’t Go Back』

3.『見上げてごらん夜の星を』~Soul-Jam!バージョン

この3曲を歌いますが、この日は3を中心にやりました。

事前にパート別音源を用意するので、4回のWSでも十分仕上がります。

今回はゴッパチコーラス隊の代替イベントですが、半数はゴッパチからのリピーター。

今日は4回目に十分仕上がる感色がありました。

皆さん、予習をしっかりやって来てくれるので、非常に助かります。

——————————————————————————-

さてさて、ちと脱線気味でした。

本編のLiveレビューを始めます。

2番目に登場は結成15年を誇る【D.O.T.S.】

ここには15年選手が3名いる。

D.O.T.S.の変遷を知り、支えてくれてきたのは、リーダーのナリ、じゅんじゅん、ホワイトゆうり。

今回はリーダーのナリが海外出張と被ってLiveとしては初めて欠席した。

ここ2~3年は仕事が忙しくて半分以上欠席してる状態であった。

その間サブリーダー的なじゅんじゅんはその屋台骨を支えて来た。

一時(恵比寿時代)は30名近く在籍したD.O.T.S.も現在9名と史上初の一桁。

ナリがお休みで8名でのパフォーマンス。

DOTS_01

1曲目は今春に公開された映画【Sing】の中から『Faith』を歌った。

D.O.T.S.のトレードマークにもなった青のサテン調のローブで登場。

Stevie Wonderと今が旬のAriana Grandeによるパフォーマンス、タイトルはゴスペル的であるが曲調、内容共にゴスペルとは程遠い。

じゅんじゅんが「これがやりたいです」と持って来た当初は正直難色を示した。

ハモりはほとんど無いし、どう聴いてもオールディーズ。

しかし発想の転換でゴスペルコーラスっぽくしちゃえ!とオリジナルハーモニーが頭に浮かんだ瞬間にイケるかも?とGoサインと相成った。

Stevie役はじゅんじゅん、彼はSoul-Jam!のボイトレを受けていることもあり、進化し続けている。

ただ裏返し癖が相変わらずでちと物足りない部分もあったが、全体を引っ張っていたのは間違いなくじゅんじゅんだ。

Ariana役は女子だが、エース格のゴロ-(本名が熊本)、以前から彼女のスキルは認めていたが、今回はかなり進化していたなぁ。

振付もあり、非常にエンタメ的なパフォーマンスになった。

まさにじゅんじゅんが目指しているところであろう。

そしてこれほどユニゾンが揃ったのは、D.O.T.S.史上初なのでは?

90点に限りなく近い出来でした。

あー珍しく褒めちゃった(笑)!

DOTS_02

2曲めはMichael Jacksonの名曲、『Man In The Mirror』

やはりゴスペルを題材にした映画の【Joyful Noise】で歌われたバージョンを参考にした。

冒頭はTFOS Choir所属で掛け持ちしている弱冠20歳の真理(しんり)。

息の使い方、共鳴のさせ方がまだ十分でなく、残念ながらちゃんと声になっていなかったのが残念。

彼はGuitarやDrumsをこなすマルチプレイヤーなので、ちと期待しているので頑張って欲しい。

1番のBメロはじゅんじゅん、確か前回は真理が歌った部分を歌ったが、2回目という事で無難にこなした。

2番はホワイトゆうりが歌ったが、D.O.T.S.は仕事が忙しいメンバーが多いため集まりが遅い。

比較的最初から来ているゆうりには結構アドバイスしたのだが、なかなかいい感じで歌えるようになって来た。

2番サビはトリちゃん。

彼女はメンバー中でもかなりモチベーションが高い。

ただ以前は息の使い方があまり良くなくて、効率よく歌えて無かったが、最近はかなり改善された。

ゴロ-やじゅんじゅんと【イロドリLive】に出続けているのも追い風になったと思う。

転調後はゴロ-の登場。

やはりエース級な声を聴かせてくれた。

そしてコーラス的には2回目と言うこともあり、前回よりもかなり安定を見せていた。

DOTS_o4

3曲目はまさにゴスぺル曲、『I Won’t Go Back』

唯一ソロが無く、吉田が指揮&リードで加わった。

この曲のユニゾンもなかなか良かった。

むしろハモリの方がバランスが悪く少し不安定だったぐらい。

DOTS_05

 4曲目は横濱ゴスペル祭でも歌った『Trading My Sorrows』

この曲も吉田が指揮&リードで参加、ソロはトリちゃん。

かなり難易度高いリードパートだが、成長を感じさせてくれた。

全体的に勢いと安定感両方DOTS_06あっていいパフォーマンスになりました。

 

 

正直言わせてもらうと、これだけ褒められるのは自分の指導力が上がった証明でもあるので、めっちゃうれしい。

そんなパフォーマンスが出来たD.O.T.S.メンバーには惜しみなく拍手を送りたい。

ただ次はもう少し上のパフォーマンスが求められるのをお忘れなく(笑)。

2月にはJU-SU!やM☆Craveと競演する節分Live(2/3)があるので期待したいと思います。

第3弾もお楽しみに~!

 

 

 

 

2017-12-17 | Posted in Blog, Gospel, Live, News, WorkshopComments Closed