Blog, Live

Soul-Jam! Presents Live vol.22~レビュー#11

一昨日は酷い雨でしたが、打って変わって昨日今日といい天気、気分転換に外に出たら結構な人が出ていました。子連れの方が多くて、そりゃ四六時中家にいたらたまりませんよね。 しかし電車で出かけたり買い物にスーパー行くよりは安全なんでしょうか。

さてさて、Soul-Jam! Presents Live vol.22のレビューもようやく最終回を迎えました。本来は連続でアップする予定が、ブログの画像アップの容量がいっぱいになったと表示され、二日間格闘してて、結局wordpressをアップデートしたら画像アップできました。さらに表示が変わってしまったので、使い方がわからず四苦八苦。便利になったのだろうが、慣れるまでに時間がかかりそうだ。

今回もトリは記念すべき第一回目から出演している【じゅんじゅん】。彼は16年前からゴスペルチーム【D.O.T.S.】に参加しながらソロでの活動も続けている。

第一回目はまだvol.1とは呼んでおらず、飯田橋のSpace Withという小さなライブハウスで【Sweet November】(11月開催)というタイトルで開催した。

10回目ぐらいまでは毎回タイトルを変えてやっていたが、ネタ切れになってきたのでvol.なんとかに変えたというわけだ。

 

11. じゅんじゅん

 

 

初期の頃じゅんじゅんはBilly Joelの曲を取り上げることが多かったが、彼は結構守備範囲が広くていろんな曲を取り上げてきた。

毎回2曲での出演だったが、今回は3曲。これは1曲吉田からのリクエストがあったからである。今まで曲を勧めることはあったが、リクエストは初めてだ。

 

11-1. After The Dance/Fourplay featuring El Deberge(Marvin Gaye cover)

この曲、Marvin Gayeの【I Want You】というアルバムに入っていたのだが、いつか自分で歌ってみたいと思っていたものの、あいかわらずファルセットが得意でないため、じゅんじゅんが歌ったらどうなるかな?と思ったわけだ。コーラスがかなり入っているが、じゅんじゅんガールズありきで考えた。実はこのMarvinの【I Want You】というアルバム、元はエロ大王という異名を持つLeon Wareの作品をMarvinが気に入りすぎて丸ごと自分で録音してしまったという異作なのである。どの曲もSexyでMellowな内容。なかでもこの曲『After The Dance』が好きであった。これをFusion界のドリームチーム、FourplayがDebergeのリードシンガー【El Deberge】をゲストに迎えてカバーした、今回はそのバージョンを参考にしたのである。

じゅんじゅんガールズであるが、この時点でゴローが休会中のため、【トリ】こと鳥居真美に加えてTFOS Choirで一時D.O.T.S.にも参加していた真理(しんり)が参加した。Presents Liveではギタリストとして参加していたが、今回はコーラスのみの参加。よってガールズではなく、じゅんじゅんボーイ&ガールとなった(笑)。じゅんじゅんが「自分の歌に一番欠けているのはsexyさです」と宣言して歌い始めたが、MarvinやEl Debergeのようにはいかないが、じゅんじゅんなりのAfter The Danceになった。コーラスの二人もこの難曲を形になるまでよく頑張りました。

11-2. Man In The Mirror/Michael Jackson

 

 

 

 

 

 

この曲は以前D.O.T.S.で取り上げた曲で、Michael Jacksonのオリジナルバージョンではなく【Joyful Noise】というゴスペルを題材にした映画の中で使われているバージョンを参考にしている。ちなみにこの曲のMichaelのリズム、声のビート感は尋常ではない。

慣れた曲とは言え3人で歌うのは初めて、After The Danceもそうだが、実際にはリードを入れると4人必要なところ3人で賄っているから大変である。何回か3人で集まって練習をしたようだ。じゅんじゅんのリードはMichaelやJoyful Noiseの女性シンガーとは違い、ファルセット中心である。以前よりも実声とファルセットの差がなくなってきたのでかなりスムーズになってきたが、もう少しビート感が出てくればいいのであるが。まあそこは今後の課題であろう。

11-3. My Home/ウカスカジー

ラスト曲はソロで日本語、 ミスチルの桜井氏とEAST ENDのGAKUーMC のユニット【 ウカスカジー 】の曲、My Home。

どんなに疲れて、嫌なことがあっても帰るMy Homeがある。1日の終わりはすべてここにある。そんなたわいもなさそうだけど、実は最も大事みたいな歌詞をじゅんじゅんがしみじみと歌う、なかなかいい感じだ。日本語の曲はほとんど取り上げてこなかったが、やっぱいいね。また日本語の曲が聴きたいね。

さて、次回はフィナーレ、出演者みんなで歌った『翼をください』について書きます。

2020-04-15 | Posted in Blog, LiveComments Closed