Blog, Gospel, Live, News

Soul-Jam! Presents Gospel Live vol.8~Xmas~レビュー#4

いよいよ大晦日、本日は横浜赤レンガの【Chanoma】にてカウントダウンライブでのLiveパフォーマンスに参戦します。
ここ10年ほどはカウントダウンLiveとはご無沙汰だったので、非常に楽しみ。

さてさて、Soul-Jam! Gospel Liveのレビュー年内に終了予定だったので、連投トリプルヘッダーでお贈りします。

 

4.  Dee-Light Choir (DLC)

結成4年のChoirで通称DLC。女性ばかりの6名、グループとしては新しいが、メンバーはそれぞれ他のChoir等でやってきた経験者である。3人がSoul-Jam!の個人レッスンを受けている、Soul-Jam! Presents Liveの常連でもある。

4-1.  Don’t Let Your Light Go Out/Kurt Carr

前回もやった曲であるが、音域が非常に広いため結構な難曲である。

最初は低音域ユニゾンで2回り目から短3度転調してオクターブユニゾンになり、いきなり2オクターブ近くの音域を使用することになる。ハモりとオクターブユニゾンが交互に出て来る場所も出て来るので、非常に難易度が高い。とは言え前回もやっているのでグレードアップして聴かせてくれた。終盤にあるyukkoのCall & Responceのリードも前回よりもグレードアップしていた。

79414460_2702098859833773_7980388924931440640_o

 

4-2.  Unity/Barbara Mason

 

これも前回と引き続きな曲、ミディアムバラードであるが後半にFunk的になってしまう熱いナンバー。

リードが麻里子→ハッチ→ノリ→mihocoと変わっていく振り分けになっているが、前回以上にそれぞれの個性が出ていてなかなかいいパフォーマンスになった。

79827093_2702098893167103_7950079495342391296_o

 

 4-3. King Of Kings/Ce Ce Winans

グラミー賞受賞12回と言うゴスペルシンガー、Ce Ce Winansの曲。

今までもいろんなChoirでやってきた曲であるが、DLCでも取り上げてみた。リードはアフロ軍団M☆Crave、イロドリのHUB-LUBでも活躍するノリ。彼女は吉田のゴスペルの生徒として現役では指折で古いメンバー。M☆Craveでもやった曲なので他とは安定感が違う。

 

4-4.  Yes We Can Can/Pointer Sisters

 

New Orleansの重鎮であったAllen Toussaint作のFUNKナンバー。この曲は3ヶ月ほど前に吉田が推薦して決定した。

これもリードがハッチ→麻里子→yukko→mihocoと替わっていく設定。

個人スキルが結構高い割には今一つまとまりに欠けるちと残念なDLCであるが、この曲では下の画像が示すようになかなかいいパフォーマンスになった。

これを撮ってくれたツムさんのファインプレイでもある(笑)。

79990567_2702098926500433_3442008334570356736_o

 

今後のDLCにも期待したい!

2019-12-30 | Posted in Blog, Gospel, Live, NewsComments Closed