Blog

Soul-Jam! Presents Live vol.21~レビュー #6

6. ロナ

今年春に中学生になったロナ、すっかり大人っぽくなってきました。

前回は受験のためお休みだったので1年ぶりの登場。

6.ロナ_01

6-1.  Call Me Maybe/Carly Rae Jepsen

カナダ出身のシンガーCarly Rae Jepsenの恋する10代の娘の気持ちを歌った軽快でテンポがあるポップナンバー。USA BillboardチャートでNo.1に世界的な大ヒットになったらし。
日本でもCMに使われたらしいので知ってる人も多いと思います。

この曲はロナにとってはかなり低い音域。女の子なので男の子のような劇的な声変わりは無いにしろ、まだまだ成長期の声帯や身体な訳で、どうしても不安定になりがち。毎回ライブ前にバンドと合わせるバンドリハをやるのですが、その時に音程を大きく外す事があった、しかしその次のレッスンで修正する指導をしたら本番はバッチリでした。あと滑舌を良くしたらもっといい感じになったかな?

あと動きがあるともっといいかな?

 

6.ロナ_02

6-2. Lucky/Britney Spears

これはスーパースターの女の子の気持ちを歌った曲。まさにBritneyが自分の事を歌ったような曲。スペシャルゲストMCに彼女の義理の父【Jim】が参加してくれた。間奏時に登場、タキシードに蝶ネクタイ、ネイティブのMCは本格的であった。

今回は1年振りと言うこともあり、ロナの成長を感じる素敵なパフォーマンスになった。今回は低めのレンジの2曲だったので、次回は是非もっと広いレンジの曲に挑戦して欲しいね。

6.ロナ_03

 

ちなみに現在英語ミュージカルにも挑戦していて、そのスクールで歌唱力を評価されていきなりソロを2箇所も与えられたらしい。

こりゃ私のモチベーションも上がるわ(笑)!

今後がまた楽しみです。

2019-11-30 | Posted in BlogComments Closed