2019-11-30

Soul-Jam! Presents Live vol.21~レビュー #6

6. ロナ

今年春に中学生になったロナ、すっかり大人っぽくなってきました。

前回は受験のためお休みだったので1年ぶりの登場。

6.ロナ_01

6-1.  Call Me Maybe/Carly Rae Jepsen

カナダ出身のシンガーCarly Rae Jepsenの恋する10代の娘の気持ちを歌った軽快でテンポがあるポップナンバー。USA BillboardチャートでNo.1に世界的な大ヒットになったらし。
日本でもCMに使われたらしいので知ってる人も多いと思います。

この曲はロナにとってはかなり低い音域。女の子なので男の子のような劇的な声変わりは無いにしろ、まだまだ成長期の声帯や身体な訳で、どうしても不安定になりがち。毎回ライブ前にバンドと合わせるバンドリハをやるのですが、その時に音程を大きく外す事があった、しかしその次のレッスンで修正する指導をしたら本番はバッチリでした。あと滑舌を良くしたらもっといい感じになったかな?

あと動きがあるともっといいかな?

 

6.ロナ_02

6-2. Lucky/Britney Spears

これはスーパースターの女の子の気持ちを歌った曲。まさにBritneyが自分の事を歌ったような曲。スペシャルゲストMCに彼女の義理の父【Jim】が参加してくれた。間奏時に登場、タキシードに蝶ネクタイ、ネイティブのMCは本格的であった。

今回は1年振りと言うこともあり、ロナの成長を感じる素敵なパフォーマンスになった。今回は低めのレンジの2曲だったので、次回は是非もっと広いレンジの曲に挑戦して欲しいね。

6.ロナ_03

 

ちなみに現在英語ミュージカルにも挑戦していて、そのスクールで歌唱力を評価されていきなりソロを2箇所も与えられたらしい。

こりゃ私のモチベーションも上がるわ(笑)!

今後がまた楽しみです。

2019-11-30 | Posted in BlogComments Closed 

 

Soul-Jam! Presents Live vol.21~レビュー #5

すっかり冬の空気になってきましたね、明日から12月、いよいよ2019年もあと1ヶ月になる。

大変長くお待たせしました。

9/15のSoul-Jam! Presents Liveからすっかり2ヶ月が経ってしまいましたが続きをアップします。

PCのキーボードの不調からすっかり嫌になっていたところ、ipadでの入力にかなり慣れてきたので、ipadで書き込み最終編集をPCでやることにしました。

5. Junko

5番目に登場は、Soul-Jam!きってのFunky Diva、【Junko】

昨年からの参加であるが、もうすでにベテランの風格。

もちろん私と同年代であるし、長らくロックバンドをやってきた経験もあり肝が据わっております。

5.Junko_01

5-1. Hard To Handle

この曲、元々はSoulのレジェンド【Otis Redding】のナンバー(1968年の死後にリリース)
で1990年にBlack Crowsがカバーしてヒットさせたらしい。私はオリジナルを先に聴いていたし、このバージョンの存在はJunkoが持ってきて初めて知った。

さてさて、今回は3回目と言うことでMCも絶好調!Soul-Jam!のレッスンを数回受けた時点で変身を遂げてしまった、非常にポテンシャルの高いJunkoである。

最初からかなりテンション高めでBlack CrowsよりもJunkoの方がさらにワイルドなテイスト。ノリのいい観客からのレスポンスに対しさらにテンションが上がるJunko。

5.Junko_02

 

5-2. Someone Like You

次はうって変わってスローバラード。Adeleの『Someone Like You』。

私はすっかり今時の曲を聴くこともなく、生徒さんが持って来る曲で今の流行を知るところであるが、Junkoは若い世代にもアピールする曲を持って来るところはさすがである。

Adeleと言うとほとんどの曲が『恨み節』であるが、これももれなくそれ、Junkoのハスキーボイスに超マッチしている。w.jazが最近導入したデジタルビデオで撮った映像を見ながら書いているが、これはかなりいい出来。

5-3. Joy to The World

Three Dog Nightの大ヒットナンバー、アップテンポのファンクロック曲。まさにJunkoのためにあるようにノリノリで客を煽りながら歌うJunko。しかし毎回思うのだが、Soul-Jam!のLiveはホントにお客さんが素晴らしい。Junkoはその受けたレスポンスをさらに煽ることができる、これはまさにLiveの醍醐味である。もう5.Junko_03すでに発表会レベルでは無い。
次回はコンビの【Kumicky】も戻って来るので、非常に楽しみだ。

2019-11-30 | Posted in Blog, Live, NewsComments Closed