2019-09-27

Soul-Jam! Presents Live vol.21~#3

9月も終盤、このところ30℃を超える日も無くなり、朝方は20℃前後とかなり秋っぽくなってきましたね。

さてさて、Soul-Jam! Presents Live vol.21のレビューもどんどん行ってみようと思います。

 

3.大坂麻里子

3番目に登場はDee-Light Choir(DLC)にも所属している大坂麻里子。

最近は入れ替わりもあったので、すっかりベテランの域になってきた。

彼女は選曲が非常に幅広く、今回もR&B、J-pop、カーペンターズからの選曲と3曲を披露した。

 

IMG_2047

3-1. You Had Me/Joss Stone

何と今回は1曲目にJoss Stoneを持って来た。
R&Bと言うかまさにFunk曲、ダンスナンバーだ。
コーラスというかハーモニーボーカルに同じDLCのmihocoが担当。

暫く伸び悩んでいたものの、以前より高音域がしっかりしてきたので、なかなか迫力のあるパフォーマンスになった。観客に手拍子を即すとか出来たらもっと良かったね。

3-2. 暮らしのなかで/T字路s

T字路sって全然知らなかったんだけど、現代版【憂歌団】的、アコースティックブルースユニット?憂歌団は演奏もバッチリだったけど、T字路sはちっとも上手くない。でも歌がとても魅力的。ってかこれがReal Soul!Soul Musicの意とは異なるが、魂を揺す振る声ではなかろうか?

そんなT字路sを選曲してくる麻里子に感心、関心!
原曲とはちと違ったテイストだったけど、今回はこれが一番良かったかな?

日本語の曲は歌詞がダイレクトに伝わって来るし、歌う側も聴く側も楽しめるからね。

 

IMG_2049

3-3. Desperado/The Carpenters

原曲は言わずと知れたThe Eaglesの名曲である、麻里子はあえてThe Carpentersのバージョンを参考にした。

この曲、私も以前仕事で歌ってた頃もあって、たまにLiveでも歌います。

IMG_2048

レッスンではYou Had Meを中心にやってたこともあり、あまりチェックしてなかったのであるが、この曲は今ひとつ合って無いかなあ?

と最後に落としたものの、麻里子は極度の上がり性で、最初の頃はMCはたどたどしく声が震えていた事を考えれば、今回は【Most Improoved Singer】賞を挙げたい。

3枚目の写真の笑顔は今までになかった表情、本人も楽しんでいたんであろう。

もちろん本人もこれで満足するわけは無いと思うけど、今後も更なるスキルアップ、そしてパフォーマンスに磨きをかけて欲しいと思います。

2019-09-27 | Posted in BlogComments Closed