2019-03-04

Soul-Jam! Presents Live vol.20~レビュー #3

ひな祭りでしたね。

毎年巷で流れる『ひな祭りの歌』、実は『たのしいひなまつり』と言う題名だったの知ったましたか?

ただあのマイナーなメロディ、どうも楽しそうには聴こえず残念な感じに聞こえてしまうのは私だけでしょうか?

さてさて、本題です。

3番目に登場は初登場、現役高校生【宮永璃子】(リコ)。

軽音楽部に所属、ギター弾き語りやバンドでギターを担当しているそう。

さらに小学生以前から始めたというピアノは未だに続けているらしいので、現在はかなり超絶な曲を弾きこなしていると思われる。

 

3. 宮永璃子

現在高校2年生。今回トリを務めた【荒井優花】の中学の吹奏楽部の後輩である。

ただ3年離れているので、同時には在籍していない。

友人である最近ではプロデューサーとして活躍するパーカッションプレーヤーNさんが、その中学の吹奏楽部で特別講師をしている関係で、有望な若者が送り込まれて来たというわけである。

 

3-1. そっけない/RADWIMPS

みやなが52864501_2589299527751560_5036606688006766592_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女がレパートリーとして持って来るのはほとんどが男性シンガーの曲。

要は低めのレンジを得意としているが、最初のレッスンで歌わせてみるとなかなかいい声で上手い。

その代わりファルセットが苦手でB♭が限界で裏返ってしまう状態なので、現状レンジに限界がある。

このあたり個性を残しつつも改善できるように特訓中である。

この曲も男性4人組のバンドのバラードナンバー。リコが持って来る曲は毎回歌詞も面白い。

鼻声気味で高音が少し裏返り気味のその声はなかなか魅力的、少し危ないぐらいがいいのかな(笑)?いい感じでした。

 

3-2. マリーゴールド/あいみょん

宮永璃子_02

 

 

 

 

 

リコが持って来る曲は巷ではよく知られているようだが、私は全然知らなかった。

【あいみょん】ってキャピキャピしてそうな名前だが、実はアルト系のダークボイスでちっともキャピキャピしてないギャップが面白い。

テンポのある曲で、リコはアコギを弾きながら歌った。

リードギターは真理(シンリ)が担当。

2/16にバンドと合わせるリハをやったのだが、その時はファルセットが響かず、ちと残念な感じだったが、その直後のレッスンでチェックしたのが功を奏したか本番はなかなかいいバランスで歌えていた。

ただギターのストローク等弾き語りにはまだまだ改善の余地がある。

考えてみればSoul-Jam!でギター弾き語りしたのはリコが初めて。

 

小柄ではあるが今後非常に楽しみな大型新人なのだ。

 

次回はいよいよSexy Widow【Kumicky】の登場である。

2019-03-04 | Posted in Blog, Live, NewsComments Closed