2019-02

Soul-Jam! Presents Live vol.20~レビュー#1

Soul-Jam! Presents Live vol.20〜レビュー#1

何気に20回目を迎えたSoul-Jam! Presents Live。

今回はメンバーの家族に受験とか重なったこともあり、出演者が9組とここ最近で最小になってしまった。

とは言え内容は非常に濃かったと思います。

楽しいLiveになりました。

 

1. じゅんじゅん

Vol.1から出演しているSoul-Jam! Legendと言っても過言ではない【じゅんじゅん】。

2年前に一度だけ仕事の都合でお休みした事があるが、それ以外は皆勤。

いつもトリを務める事が多いじゅんじゅんだが、20回目を記念して初心に帰るろう、というコンセプトを元にトップバッターに指名した。

今回はじゅんじゅんガールズではなく、D.O.T.S.の同志である【とりっち】と【真理】(しんり)の二人がコーラスで参加した。

 

1.-1 River Of Dreams/Billy Joel

1曲目は多分彼のFavorite Artistの一人、Billy Joelの曲から『River Of Dreams』。

今までも数曲Billy Joelの曲を歌って来たが、これは中でも一番楽しい曲かも?

じゅんじゅん、初期の頃は好きな曲を歌うだけであったが、最近はすっかり観客を巻き込むパフォーマンスが定着して来た。

 じゅんじゅん_01

軽快なビートに乗ってじゅんじゅんが得意なファルセットを交えながら歌い、途中Pianoソロを挟みトリ&シンリのコーラスもなかなか絶妙、最後はマツケンのドラムソロで終了。

たくさん拍手と声援をいただきました。

 

じゅんじゅん_02

 

1.-2 Love The One You’re With/Luther Vandross

軽妙なMCを挟んだあと、2曲目は以前D.O.T.S.でも取り上げたStephen Stills作の曲、実はこの曲私もLiveでたまに歌う曲である。

LutherやStephenはKey=Cでやっているが、私が参考にしたThe Isley BrothersのバージョンはKey=Eなのでテンション感がちと違う。

冒頭はルバート(テンポ自由)で始まり、インテンポ前には客席とCall & Responceもあってトップバッターながら客席も熱気を帯びてくる。

じゅんじゅんが他のイベントで結成した【福豆】のメンバーが最前列に陣取っていたこともあり、必要以上に盛り上がっていたのも確か。まあ、彼らがいなくても十分盛り上がったとは思うが、盛り上げてくれるのは非常にありがたい!

練習不足か多少コーラスに乱れはあったものの、簡単な振り付けもあり、楽しいパフォーマンスになった。

 

_03じゅんじゅん

 

 

 

2019-02-27 | Posted in BlogComments Closed