Blog

Soul-Jam! Presents Live vol.19~レビュー#10

Soul-Jam! Presents Live vol.19のレビュー、2ヶ月経ったので連投します。

 

#10【Orie】

 

10番目はアフロエンターテインメントのM☆Craveの主要メンバーでもある【Orie】。

最年少メンバーの【ロナ】の母でもある。

ロナがどんどん上手くなっていくのに嫉妬(笑)を覚えて、ミイラ取りがミイラになっちまった?みたいな件。

M☆Craveは私の指導から離れてすでに4年。

現在はGOICE-Channelの同志である長谷川繁の指導を受けている。

昨年は10周年イベントを機に本気モードに入り、すっかりエンターテインメント出来るChoirに成長した。

 特に衣装やメイク等はOrieが加入してからどんどん魅力的になっていった。

まずはこの衣装を見て頂きたい。

 

今度は是非ホールで歌ってほしいと思うような、西荻には全く似つかわしくない出で立ち(笑)。

 

40779098_1143414702491305_3980530326488219648_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、褒めすぎた(笑)!

ここから通常モード。

10-1. F..kin’ Perfect

P!nkのみごとに放送禁止用語を使用した2010年のヒットナンバー。

歌詞の内容に共感したことをMCで語ってから、真理のギターでスタート。

見た目は緊張してる風に見えないが、実はかなりの緊張しいである。

緊張するとどうしても呼吸が浅くなり、お腹が上手く使えなくなる。

レッスン時よりもちと上ずり気味で、ちと頑張りすぎちゃったねえ。

とは言え確実に成長を遂げている。

 

10-2. みんな空の下

絢香のヒットナンバー。

小畑のピアノの伴奏で朗々と歌い上げた。

だんだん子音の発音が上手くなってきた。

かなりレンジが広い曲で以前ならきっと高いサビはファルセットで歌ったと思うが、すっかりミドルボイスを駆使出来るようになってきた。

 

40684477_1143414712491304_565827628754272256_n

 

みんなSoul-Jam!では英語の歌しか教えないって思っていたフシがあったが、全くそんなことなーい。

かっちょいい日本語の歌い方教えるの大好きだし。

 

10-3. Halo

Beyonceの2009年リリースの曲。

Haloってのは後光、光輪の事を指すらしい。

Helloと似ているが全く異なるものである。

あなたは私の壁を打ち破ってくれた、まるで神のような存在。

だから後光が差して見える。

 

恋人にまたは友人に、はたまた神との出会いを歌っているようにも聴こえる。

この曲はSoul-Jam!の仲間であるMadokaと真理子(2人ともSparks)のコーラスが入った。

 

40652844_1834775506641257_7502028287980339200_n

 

仲間が加わると急に元気になったOrie(笑)!

ゲンキンな奴~

「あとは楽しむだけ~!」と言って真理のギターでスタート。

この曲はレンジがかなり広く、みんな空の下なんかより広い。

特に1番のAメロは低過ぎて低音を苦手とするOrieには出せない音が出てくる。

レッスンでは別の音に変える事もすすめたが、本人は何とかそのイメージで歌う方を選んだ。

なのでそのごまかし方を伝授した(笑)。

その音を出すのではなく、聴き手にその音に聴かせてやる。

まあ私はわかったが、きっと誰も気づかなかったかもね?

 

Orie、ナイス!

 

ああ、また褒めちゃった。

 

そんなわけでかなり進化を遂げたOrie、おかげさまでM☆Craveメンバーからもレッスン依頼が来たりと貢献度も高し!

次は衣装に負けない歌を歌えるように精進しよう!

ps.

今回はギターの真理の出番が多くなり、すっかり存在感を見せてきたので、また今後も期待したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-11-02 | Posted in BlogComments Closed