Blog, Live, News

Soul-Jam! Presents Live vol.19~レビュー#5

すっかり秋らしくなりましたが、雨続きでちと閉口気味。

また連休になりますが、23、24とLiveがあります。

9/23(土) Hideki & 美月 Aco. Live @ CHEROKEE Live Tavern

9/24(日) 吉田英樹 Soul Session @ 自由が丘McCartney

すっかり放置気味でしたが、Soul-Jam! Presents Live vol.19のレビューを再開します。

 

5. 荒井優花

前回初登場の19歳、大学2年生。

TFOS Choirのメンバーでもある荒井優花、

前回は直前に喉の調子を崩したが、何とか持ち直してステージをこなした。

知り合いのミュージシャンの紹介でSoul-Jam!の仲間入りしたが、最初から高いポテンシャルを感じさせてくれていたので、ちょっと苦いデビュー戦になった。とは言えWinding Road(コブクロ&絢香 )を吉田と堂々とDuetするなど非凡なところを見せてくれた。

今回は万全とまでは行かないが、体調を崩すことも無く元気いっぱいの優花で挑んだ。

1. SexyLady/Jessie J

40595137_1143414365824672_4911092629627731968_n

UK出身のシンガーソングライター、Jessie Jのナンバー。

元気いっぱいの優花にはお似合いのナンバー。

同じTFのメンバーでもある真理(しんり)のギターストロークで始まる。

この真理のギターがまたなかなかキレのいいプレイ、それに呼応するように優花がいい感じで歌い始めた。

優花の良さはその小気味いいほどキレのあるリズム感溢れる歌声。

会場もすっかりホットな雰囲気になった。

 途中声が裏返る部分があったものの、気持ちよさそうに歌い切った。

2.Note To God/Charice

2曲目はフィリピン出身の(元)歌姫、Chariceのバラード曲。

40642313_1143414465824662_2989513236216283136_n

  まずは超絶に難曲であるこの曲に挑戦する根性が凄い。

転調前まではまずまずであったが、後半力んでしまいいっぱいいっぱいになりながらも歌い切った。、

 ラストのロングトーンが残念ながら伸び切らなかったが、高いポテンシャルを感じさせるパフォーマンスになった。

今後がまた非常に楽しみだ。

 

2018-09-22 | Posted in Blog, Live, NewsComments Closed