2018-01

Soul-Jam! Presents Gospel Live vol.4 ~ レビュー#5

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします!

 

昨日は暖かかったものの、また寒くなりましたねぇ。

さてさて、Soul-Jam!ゴスペルLiveのレビュー最終回、Liveが終了してからちょうど1ヶ月になります。

今回トリを務めるのは結成2年の

Dee-Light Choir

 

とはいえ全員ゴスペル経験者で、個人レッスンを受けてるメンバーも3名いてモチベーションが高いチーム。

女性6名、男性1名の7人組、黒い衣装で登場、ただメンバーのうち3名がトナカイの角を着用、Xmasだなあ(笑)..。

DLC_01

1. Again I Say Rejoice/Israel Horton

アップテンポのFUNKナンバーである、吉田はIsrael Horton役で登場。

DLC_02

 

海外への転勤でDLCをお休みしているKさんがお忍びでの応援に登場、台湾から日帰り参戦だったようだ。

11月の東京タワーLiveにも来てたので毎月のように来てる(笑)、全く恐れ入る、ありがとう!

 

新メンバー2名を加え、初めてのトリではあるが、メンバーそれぞれ積み重ねた経験があるので落ち着いたもの。

コーラスバランスもほぼ安定していた。

ノリノリの曲なので、もう少し動きが欲しかったね。

2. Shackles/Mary Mary

女性Duo【Mary Mary】が1999年にリリースしたゴスペルの枠を超えた大ヒットになった曲。

コンビニや商店街でも良く流れていたので、一般の方でも聴き覚えがあるかもしれない。

1番のリードは初出演の長身【ハッチ】、2番は【ゆっこ】、3番は【ノリ】が取った。

 

DLC_03

 

初出演、初リードとは思えない落ち着いたリードを聴かせてくれたハッチ

 

DLC_04

 

 バンドでSaxもプレイしてたこともある【ゆっこ】はボイトレも受けていて、他のChoirにも参加している非常にモチベーションの高い人。

正直かなり難易度高いパート、しかし最近メキメキとスキルアップ、不安定さも落ち着いてなかなかの出来だったと思います。

ずーっと不安視していた終盤のノリとのハモリもバッチリ決まった。

 

DLC_05

 

 3番を担当したのはM☆Crave出身の【ノリ】。

M☆Craveの他にHUBLUBと言うユニットにも参加してることもあり、Live経験は豊富である。

短いパートながらかなり難易度の高いところ、何とかこなしたのはさすがソプラノ担当。

コーラスはかなりシンプルのこともありハーモニーはかなり安定していたが、もう少しGroove感が出てきたらいいなぁ。

 

3. Because Of Who You Are/Vicki Yohe

白人ゴスペルシンガー【Vikie Yohe】の名曲、横濱ゴスペル祭、ゴッパチコーラス隊でも歌ったバラードナンバー、私も大好きな曲である。

歌詞にはJehovah(エホバ)、Jirah、Nissi、Shalom等の馴染みの薄いヘブライ語も登場して、何とも神聖な雰囲気を醸す。

冒頭と終盤のリードはSoul-Jam! Presents Liveでもお馴染みの【Miho】

最近かなりスキルアップして来たものの、なかなか本番で本領を発揮できていなかったが、今回はかなりいい感じで歌えていたと思います。写真の表情を見れば一目瞭然。

DLC_07

 

 

中盤のリードは【Mihoko】、後半に黒一点の【Kagome】(画像左、左肩しか見えていない)が担当、健闘したが、こういうChoirを引っ張るようなリードはやはり難しいねえ。

DLC_09

この二人はバンドで楽器もやっていて音楽スキルも高く、耳もいいのでまた別な曲でリードに挑戦してもらう予定。

コーラスは難易度高いところ全体的にバランスも悪くなかったが、ユニゾンがバラつくところが課題、そして終盤の掛け合い部分が不安定だったのがちと残念。

 

4. Shake The Foundation

ラストナンバーはJoe Paceの代表FUNK曲『Shake The Foundation』

吉田が呼び込まれ登場。

 

前半はアルトが大きすぎてバランスが悪い状態が続いたが、後半のドミノ倒しコーラスあたりから良くなってきた。

超絶高速ドミノもバッチリ決まった!

マイクとモニターの使い方が課題にはなったが、トリの重責は果たせたであろう。

Choirとしては新人、まだまだ伸び代があるだろう、今後に期待したい。

 

—————————————————————————-

All Cast – Soul-Jam! Mass Choir

 

Joyful Joyful

全員でのパフォーマンスは【天使にラブソングを2】でお馴染みのJoyful Joyful。

年末には欠かせない曲である。

Sparks、D.O.T.S.、日吉Choir、TFOS Choir、Dee-Light Choir

全員集合!

 

冒頭のローリン・ヒル役を務めたのはTFOS Choirの新人、【Yuka】18歳。

Soul-Jam!としても期待の新人である。

準備期間がかなり短かったが、見事に歌い切った。

ラップはじゅんじゅんと吉田が担当、

中盤のフューチャリングコーラスは150cm限定【Chebys】が担当したが、いい感じでしたあ。

終盤のローリン【Yuka】、リハの時は間違ったものの、本番はバッチリ!

 

実は今回この『Joyful Joyful』、各クラスでは全く練習せずに当日リハで歌ったのみ、しかしレギュラークラス30人超で歌うと大迫力でバッチリだ!

 

Soul-Jam! Mass Choir、期待できるなあ。

——————————————————————————————–

総評

全体的に各Choirのスキルアップが感じられて非常に有意義なLiveになりました。

特に人数の減ったSparkはトーンダウンどころかむしろスキルアップしていたし、ベテランD.O.T.S.もリーダー不在ながら進化を見せてくれた。

日吉Choirは明らかにボリュームアップしてきたし、TFOS Choirは大型新人の加入もあり期待度アップ、モチベーション高いDLCもさらに進化中。

課題はマイクとモニターの使い方、これは普段なかなか練習できないので音楽スタジオでの練習が必要になってくるだろう。

あとはもっと身体の使い方(ノリ方)が良くなったら見た目にもアピールするし、声もビートにノって行くので相乗効果になるはず。

 

次回は6/17(日) Soul-Jam! Presents Gospel Live @ 三軒茶屋Grapefruit Moon。

また次に向けて精進しよう!

 

————————————————————————————————-

今後のSoul-Jam! Mass Choirの予定

今月末28(日)はIn Unity 2018 (@ エポックなかはら)に【Soul-Jam! Mass Choir】として出演。

2/3(土)は節分Live @ 渋谷Eggman(TFOS Choir & D.O.T.S.)

 

6/17(日) Soul-Jam! Presents Gospel Live @ 三軒茶屋Grapefruit Moon

 

また夏には横濱ゴスペル祭があるし、めっちゃ楽しみになって来ました。

改めて2018年もSoul-Jam! よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-01-10 | Posted in BlogComments Closed