2017-12-25

Soul-Jam! Presents Gospel Live vol.4 ~ レビュー#4

2017年のXmasも終わってしまいましたねぇ。

北海道じゃあ記録的な大吹雪みたいですが、大きな被害になりませんように。

さて、ホントは24日にアップ予定だったのですが、ちと途中で放置してしまいました。

 

第4弾は結成14年目を迎えたTFOS Choir。

D.O.T.S.と違いすでにオリジナルメンバーはいなくて、9年近く在籍したリーダー的存在の和美さんは仕事の関係で京都に行ってしまったため4名での出演になった。

とは言え比較的スキルのある4人なので、それ程危機感を持たなかったが、京都に行くって聞いた瞬間はかなりショックを受けた。

1. Wanna Be Happy/Kirk Franklin

Kirk Franklinの曲は往年の名曲をサンプリングしたり、Hip-Hopの要素があったり非常に魅力的で非常に人気がある。

この曲はリードが無くユニゾンが多い曲で、何気に難曲なのである。

イントロのユニゾンがなかなか合わない。

スイングして歌うように指導したが、付け焼刃ではなかなか本番で発揮できない。

案の定冒頭はバラついた。

すぐに持ち直したので冒頭の失敗は悔やまれる。

直前に自主練で振りを付けたが、これもなかなか良かったと思う。

 

TF_01

 2. I’ll Be There/he Jackson 5

2月のGospel Liveでも歌った曲なので、かなりこなれて来ている。

全員がリードを担当、欠席が多い時に個人レッスンに近い時間もあった分、スキルアップに繋がった感触はあった。

黒一点の真理(シンリ)は前回より明らかに進化していた。

和美さんの抜けた穴も十分みんなでカバー出来たと思います。

TF_02

 

 

 

 

3. We Trust In You

以前在籍したメンバー【ちひろ】が2008年に作詞曲したもの。

ちょっと探したら見つかった。

http://tsutaya.tsite.jp/item/music/PTA00008JUHI

SEGAのゲームCD、『DERBY OWNERS CLUB 2008 feel the rush Soundtrack』の46曲目に収録されている。

以前は本人と【くぼっち】が歌っていたが、本人は8年ほど前、くぼっちも2年前に離れたため、ここ数年はチカが担当している。

最少人数で1人1パートであるが、マイクワークがしっかりしていれば半端に大人数よりも上手くバランスが取れる事を証明している。

まあもちろんある程度個人スキルがあるから可能なパフォーマンスである。

TF_03

4.I Smile/Kirk Franklin

再びKirkの曲であるが、前回、前々回に続き3度目の挑戦になる。

直前に入会してきた弱冠18歳の【ユカ】がこの曲のみに参加、5名でのパフォーマンス。

シンリが2回目、他のメンバーは3回目ということもあり、かなり安定したコーラスになった。

ユカは自身でバンドを組んでいたり、かなり高いスキルとモチベーションを有してるため、コーラスを乱すどころか見事に厚みを出していた。

TF_05

中盤に出てくる『Smile~Smile~Smile』のコーラスは見事に決まった。

これは13年の歴史の中でも最高の一瞬であったと思う。

まあまあの次元を超えて称えたいと思う。

あともう一つの成長は個々の動きに自主的な表現が出てきたところだ。

声だけでなく身体でも表現していく、これは合唱では無くゴスペルと言う形であれば不可欠だと思うが、実際なかなか出来るものではない。

大型新人の【ユカ】が加わって2月の節分Liveも非常に楽しみになって来た。

TF_06

次回はDLCとAll Cast、最終回になります。

 

 

 

 

 

2017-12-25 | Posted in BlogComments Closed