Blog, Gospel, Live, News, Workshop

Soul-Jam! Presents Gospel Live vol.4 ~ レビュー#2

もう昨日になりますが、北風が強くてめっちゃ寒い日になりました。

そして2017年もすっかり2週間を切ってしまいました。

12/17は【In UnityでGospelを歌おう!】のワークショップ(以下WS)第2回目でした。

1.『Trading My Sorrows』

2.『I Won’t Go Back』

3.『見上げてごらん夜の星を』~Soul-Jam!バージョン

この3曲を歌いますが、この日は3を中心にやりました。

事前にパート別音源を用意するので、4回のWSでも十分仕上がります。

今回はゴッパチコーラス隊の代替イベントですが、半数はゴッパチからのリピーター。

今日は4回目に十分仕上がる感色がありました。

皆さん、予習をしっかりやって来てくれるので、非常に助かります。

——————————————————————————-

さてさて、ちと脱線気味でした。

本編のLiveレビューを始めます。

2番目に登場は結成15年を誇る【D.O.T.S.】

ここには15年選手が3名いる。

D.O.T.S.の変遷を知り、支えてくれてきたのは、リーダーのナリ、じゅんじゅん、ホワイトゆうり。

今回はリーダーのナリが海外出張と被ってLiveとしては初めて欠席した。

ここ2~3年は仕事が忙しくて半分以上欠席してる状態であった。

その間サブリーダー的なじゅんじゅんはその屋台骨を支えて来た。

一時(恵比寿時代)は30名近く在籍したD.O.T.S.も現在9名と史上初の一桁。

ナリがお休みで8名でのパフォーマンス。

DOTS_01

1曲目は今春に公開された映画【Sing】の中から『Faith』を歌った。

D.O.T.S.のトレードマークにもなった青のサテン調のローブで登場。

Stevie Wonderと今が旬のAriana Grandeによるパフォーマンス、タイトルはゴスペル的であるが曲調、内容共にゴスペルとは程遠い。

じゅんじゅんが「これがやりたいです」と持って来た当初は正直難色を示した。

ハモりはほとんど無いし、どう聴いてもオールディーズ。

しかし発想の転換でゴスペルコーラスっぽくしちゃえ!とオリジナルハーモニーが頭に浮かんだ瞬間にイケるかも?とGoサインと相成った。

Stevie役はじゅんじゅん、彼はSoul-Jam!のボイトレを受けていることもあり、進化し続けている。

ただ裏返し癖が相変わらずでちと物足りない部分もあったが、全体を引っ張っていたのは間違いなくじゅんじゅんだ。

Ariana役は女子だが、エース格のゴロ-(本名が熊本)、以前から彼女のスキルは認めていたが、今回はかなり進化していたなぁ。

振付もあり、非常にエンタメ的なパフォーマンスになった。

まさにじゅんじゅんが目指しているところであろう。

そしてこれほどユニゾンが揃ったのは、D.O.T.S.史上初なのでは?

90点に限りなく近い出来でした。

あー珍しく褒めちゃった(笑)!

DOTS_02

2曲めはMichael Jacksonの名曲、『Man In The Mirror』

やはりゴスペルを題材にした映画の【Joyful Noise】で歌われたバージョンを参考にした。

冒頭はTFOS Choir所属で掛け持ちしている弱冠20歳の真理(しんり)。

息の使い方、共鳴のさせ方がまだ十分でなく、残念ながらちゃんと声になっていなかったのが残念。

彼はGuitarやDrumsをこなすマルチプレイヤーなので、ちと期待しているので頑張って欲しい。

1番のBメロはじゅんじゅん、確か前回は真理が歌った部分を歌ったが、2回目という事で無難にこなした。

2番はホワイトゆうりが歌ったが、D.O.T.S.は仕事が忙しいメンバーが多いため集まりが遅い。

比較的最初から来ているゆうりには結構アドバイスしたのだが、なかなかいい感じで歌えるようになって来た。

2番サビはトリちゃん。

彼女はメンバー中でもかなりモチベーションが高い。

ただ以前は息の使い方があまり良くなくて、効率よく歌えて無かったが、最近はかなり改善された。

ゴロ-やじゅんじゅんと【イロドリLive】に出続けているのも追い風になったと思う。

転調後はゴロ-の登場。

やはりエース級な声を聴かせてくれた。

そしてコーラス的には2回目と言うこともあり、前回よりもかなり安定を見せていた。

DOTS_o4

3曲目はまさにゴスぺル曲、『I Won’t Go Back』

唯一ソロが無く、吉田が指揮&リードで加わった。

この曲のユニゾンもなかなか良かった。

むしろハモリの方がバランスが悪く少し不安定だったぐらい。

DOTS_05

 4曲目は横濱ゴスペル祭でも歌った『Trading My Sorrows』

この曲も吉田が指揮&リードで参加、ソロはトリちゃん。

かなり難易度高いリードパートだが、成長を感じさせてくれた。

全体的に勢いと安定感両方DOTS_06あっていいパフォーマンスになりました。

 

 

正直言わせてもらうと、これだけ褒められるのは自分の指導力が上がった証明でもあるので、めっちゃうれしい。

そんなパフォーマンスが出来たD.O.T.S.メンバーには惜しみなく拍手を送りたい。

ただ次はもう少し上のパフォーマンスが求められるのをお忘れなく(笑)。

2月にはJU-SU!やM☆Craveと競演する節分Live(2/3)があるので期待したいと思います。

第3弾もお楽しみに~!

 

 

 

 

2017-12-17 | Posted in Blog, Gospel, Live, News, WorkshopComments Closed