2017-10-06

Soul-Jam! Presents Live vol.17 Review #3

また少し更新が滞ってしまいました。

大変お待たせしました。

 

レビュー第3弾です。

6番目は2回目の出演、

 

6. Madoka

 

某スクールのゴスペルクラス【α-Stars】に所属しているが、スキルアップを目指して入門してきたのが昨年の事。

前回のデビュー戦はソロとしてほぼ初ステージ(少し経験あるみたい)とは思えない落ち着き様であった。

2回目で3曲に挑戦、これはベテランメンバーでも未だに2曲のメンバーもいるわけで、彼女のモチベーションの高さが垣間見える。

今回テーマが【愛】

 

1. Beautiful

1曲目は【Christina Aguirela】のBeautiful

この曲のPVを見ると非常に深い意味が込められているのがわかる。

彼女がMCで言っていた自己愛、内容は確かにそんな意味だとは思うが、正直歌詞を読んだだけでは量り知れない。

 

Madoka_01_n

一般的な人とはかなり違う人たち=マイノリティが描かれている。

人種差別を含む社会的に差別を受けている同性愛者や拒食症、障害者…等が映像に登場する。

人からどう見えたって、どう言われたって私、我々はBeautifulなんだ、自信を持って生きて行く。

でも、ただただ、今日は傷つけないで欲しい。

 

一番練習の比重が高かったこともありますが、正直3曲歌った中でこの曲の出来が一番良かったと思います。

2曲目はElvis Presleyの名唱で知られる『Can’t Help Falling In Love With You』~好きにならずにいられない

 

2.『Can’t Help Falling In Love With You』

あまりに有名な曲ですが、シンプルなメロディーを持つこのような曲が実は一番難しかったりする。

こういうスタンダードは個性を活かしてなんぼ、ってところがあるので、無難に歌いこなした感があった。

課題が残るところ。

そして3曲目

3. Beauty And The Beast

Celine Dionの出世作でもあるこの曲、言わずと知れたディズニーソングだが、デュエットしたのは私が20代前半の時にハマっていたシンガーPeabo Brysonである。

彼はRoberta Flackとのデュエット『Tonight I Celebrate My Love For You』 の大ヒット以降、すっかりデュエット王として君引っ張りだこになった。

ただちょうどこの『美女と野獣』が公開された頃にはPop寄りになり過ぎたPeaboからすっかり離れていた時期である。

実は前回はロナからリクエストがあり『A Whole New World』をデュエットした。

そして元はアニメ映画だったこの『美女と野獣』、つい最近実写で映画化され、Ariana GrandeとJohn Legendのカバーを聴いて歌いたくなったらしい。

ただこのカバーも悪くないのだが、オリジナルが凄すぎるため正直あまりピンと来ない。

 

Madoka_Beauty And The Beast_n

この曲もレッスンではかなり比重が高かった、何度もダメ出しされてもめげずに頑張った甲斐もあり、なかなかいいデュエットになったと思う。

Madoka、今後の成長がまた楽しみだ。

 

7番目はすでに4回目と中堅どころ

 

7. 大坂麻里子

毎回難曲に挑戦してる感があるが、当初からみるとずいぶんとスキルアップしてきた。

やはり3曲とやる気満々。

 

大坂麻里子_01_n

 

1. Talking To The Moon/Bruno Mars

来年来日が決定している、今やスーパースターと化したBruno Marsの1stアルバム収録曲。

Brunoは非常に高レンジで歌うので、女性でも原キーで歌ってちょうどよかったりする。

音域も彼女にちょうどいい具合、3曲歌った中では一番安定してて良かったと思う。

 

2.数え足りない夜の足音/UA

唯一の日本語の曲である。前回も黄昏のビギンを歌っていたが、1曲は日本語と決めているのかな?

Aメロはずいぶん安定していたが、サビは結構高い音域に行くためちと不安定になってしまうところが残念。

最後に決まった曲で、レッスンであまりチェックできなかったのだ…

 

大坂麻里子_02_n

 

3. You Haven’t Seen The Last Of Me/Cher (シェール)

映画【バーレスク】の中で歌われていた曲らしい。

今はどん底だけど、いつか這い上がってくるから見てらっしゃい…

と言うちと激しい内容、原曲を聴くとかなりミュージカルっぽい感じの歌唱だ。

課題である転調後に難しい音域に行くため、ちと不安定になってしまった。

あがり症は少しずつ克服しつつあるが、まだ練習の6割な感じ、まだまだ出来るはず。

 

ただもう少し音域を考えて選曲した方がいいかなぁ?

 

また今後に期待します。

 

第4弾は週明けを目途にアップ予定。

Check it out!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017-10-06 | Posted in Blog, Live, NewsComments Closed