Blog

Claude McKnight Vocal Workshop終了!~1部~

Take 6 (アカペラのカリスマ的存在)のリーダーであるClaude McKnightのVocal Workshopを1/9にSoul-Jam!主催で根津教会で開催、大盛況の中終了!

 

Claude-WS_01

旧友であるMichikoさん(Claudeのマネージャー)から声がかかり、前回8月にGospel workshopを企画、告知後23時間で定員を越えてしまい、その反響に度肝を抜かれたことが忘れられません。

しかし今回はその初回の5ヶ月後であり、6、7日にも他の場所でワークショップが開催されたため、前回のように殺到することはありませんでした。

2部は満席になりましたが、1部は定員を割る20名の参加に。

 

歴史ある根津教会の響きは独特。

 

根津教会

 

根津教会_02

もちろん天井は高くそれなりに響くのだが、吹き抜けのような形状では無いのと完全なる木造?であるため、意外にデッドな響きでした。

ただ我々あまり響きすぎるのもあまり気持ち良く無いため、逆にちょうどよい響きでした。

1部ではまず最初にデモパフォーマンスから。

 

吉田とよく一緒にLiveをやっているJazz Pianistのコニマス(小西真澄)さんをサポートに迎えてのパフォーマンス。

 

まずはStevie Wonderの『Overjoyed』

Claudeの弟であるBrian McKightはR&Bのスーパースター。

BrianもかなりのMiddle Voiceの使い手であるが、Claudeはさらにファルセットに近いため、かなりソフトタッチなOverjoyedであった。

この曲は私もLiveでよく歌うナンバー。

 

もう1曲はアップテンポのナンバー、Earth Wind & Fireの『In The Stone』

バラード系のナンバーとアップテンポの曲の歌い方、アプローチの違いが今回のポイント。

 

まずはアップとバラードの歌詞の構成の違いを比較しながらの解説。

通訳は前回同様Michikoさんが担当。

バラードは基本的にストーリー性があり、例えばHappy→哀愁みたいな展開がある場合が多い。

それに比べ、アップテンポな曲はAメロで歌っている部分は表現を変えているだけで、ほぼ同じことを歌っている場合が多い。

Claudeの場合、前回もそうだったが、歌詞の内容を重視したレクチャーが中心になっている。

これは英語だからというわけではなく、日本語でも一緒である。

その歌詞が聴き手に伝わらなければ意味が無い、Believing、いくら上手く歌おうが説得力が無ければ本当に魅力的な歌にはならない。

 

Overjoyedでは私と同年代=Claudeとも歳が近い、Hideさんが独唱に挑戦した。

非常にスムーズな発声でかなりバッチリ!Claudeもちと感心していました。

 

 

Hide_03

HideさんがOverjoyedのソロに挑戦。1番を歌い切った。

バンドやゴスペル等の経験豊富なため、めっちゃハイレベルでした。

 

次はアップテンポの『In The Stone』、EWFのプラチナムアルバム【I Am】(邦題「黙示録」)の1曲目を飾るヒットナンバー。

ただClaude、Hideさん、吉田にとっては超有名曲という認識であるが、大半が今回初めて聴いたという方ばかり。

この曲ははAiriさんがソロに挑戦してくれた。

Claude & Airi

申し込みも直前だったこともあり、確か2日前に原曲のyoutubeと歌詞を送ったので、ほとんど知らない状態でした。

ただClaudeは出来るまで何回もリピートさせて、最後にはかなりいい感じに…

シンガーとして活動しているのか、非常にいい声していました。

 

Claude & Airi_02

 

 

15970683_1373489429391217_1577937374_n

最後はみんなでIn The Stoneを歌いました。

15978444_1373489609391199_1933344176_n

みんな立つとまるで礼拝のよう。

さらにサプライズでTake 6がカバーしているEWFの曲、『Sing A Song』をアカペラで大合唱!

1部は声を出す機会が少なかったので、これは非常に盛り上がりました。

15970396_1370850326321794_2056517342_n

終了後は記念撮影。

15978421_1370851482988345_1188353991_n

1部は午前中だったこともあり、少々大人しめな感じで終了。

 

2部のレポートはまた改めて。

 

2017-01-14 | Posted in BlogComments Closed