Blog

Tokyo FM 夢のゴスペルコンサートVol.4に参加しました

 

すっかり寒くなりましたねぇ。

北海道出身の吉田としては、東京(厳密にはウチは横浜ですが…)の冬ってこんなに寒かったっけ?と思うほどです。

何気に2016年の12月も折り返しましたなあ…

 

さて12/10(土)はSoul-Jam! Mass Choirとして、Tokyo FM主催の夢のゴスペルコンサートVol.4に出演しました。

 

Gospel_A4

 

この4回を迎えたイベント、実は初年度は私、吉田が主催Choirのワークショップを担当しました。

2,3回目もSoul-Jam!として出演の依頼を受けましたが、スケジュールが合わず、ようやく参加することが出来ました。

ラストにスペシャルゲストを迎えてJoyful Joyfulを会場全体(1,000名超)で大合唱、その模様をTokyo FMで放送するという企画です。

Soul-Jam! Mass Choirは今回、D.O.T.S.、TFOS Choir、日吉Choir、Dee Light Choir、Sparksの5チームの有志に加え、ワークショップに参加したメンバー9名を合わせた37名で出演しました。

 

1部では各団体7分ずつの持ち時間でパフォーマンスして行きました。

各団体のディレクターも錚々たるメンツ

杉本先生、松谷麗王先生、高田先生、長谷川先生、そして日本のゴスペルのLegend、YAMAHAの淡野先生と副田先生、三木先生

今回高田先生は初顔合わせだったけど、他のディレクター陣とはJapan Mass ChiorやSuper Choir等で親交もあったので、控室は和気あいあいの雰囲気でした。

残念ながら他の団体のステージはほとんど見られなかったのですが、ステージ袖にいて聴こえてくるハーモニーはホントに素敵でした。

 

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0

 

今回のSoul-Jam!の選曲はまさにシンプル、難しいハーモニーは全く無く、楽しむことを特化した選曲にしました。

ゴスペルスタンダードの【Down By The Riverside】をアカペラ、吉田リードで歌いました。

Choirの歌詞は『Down by the riverside』と『Study war no more』しかありません。

その分ノリとかハンドクラップを重視して指導する事ができました。

前方のお客さんはゴスペル好きの方が多いのでしょう、みんなハンドクラップしてくれました。

後方は各出演団体席だったので、皆さん好意的にハンドクラップしてくれて、ありがとうございます。

リード取ってるので客席に向かっている時間が多かったのですが、メンバーのみんなの楽しそうな笑顔を見てホント、最高に幸せな気分になりました。

もう1曲はビートルズのJohn Lennonの【Happy Christmas】、これも1番は各パートのソロにしましたが、

2番からのコーラスは『War is over, if you wanted, war is over now』のみ、というシンプルな歌詞。

奇しくも2日前の12/8はJohnの命日でした。

いつもはコンテンポラリーな選曲が多いSoul-Jam!ですが、こういうのも悪くないなあ、としみじみ思いました。

 

そんな中、

ラストは淡野先生率いるJoyful Choir Tokyo & Sing Out Choirだけはゆっくり見させていただきました。

Joy To The Worldと壮大なTotal Praiseという大道な選曲で締めて頂きました。

淡野先生のキャラが最高!やはりハーモニーは素敵でした。

 

これで1部は終了、休憩の間にSoul-Jam! Mass Choirで集合写真を撮影

 

 

soul-jam-mass-choir_01  DSC_1698

 

これはアウトテイク。

DSC_1690

 

 

Philip Boykinさんのミニワークショップが始まり2部がスタート。

 

phillip-boykin

Philip Boykinさん、kなり凄い経歴の持ち主ながら非常に愛すべきキャラで、それも強力なバリトンボイス。

なんか時にバスクラリネットを思わせる響きだった。

PianoのGary Mitchell jr.はもっと低い声で、話し声はBarry White並だったな。

『Jesus On The Main Line』とゴスペルスタンダード『By And By』を大合唱!

盛り上がりましたぁ~!

 

通訳にはGQ、Japan Mass Choirでもおなじみのジェンナさんが登場。

ボイキンさんのマイペースなM.C.にも対応してて、非常にわかりやすい通訳、さすが!

息子さんのお遊戯会の後に駆け付けたというこれまたダブルヘッダー、多忙なところありがとうございました。

 

そしてスペシャルゲストの純名里沙さんの登場

 

%e7%b4%94%e5%90%8d%e9%87%8c%e6%b2%99

 

 

M.C.の片岡由衣さんの紹介でPianoの妹尾武さんと共に入場。

XmasソングのThe Christmas Songとスタンダードナンバー、Over The Rainbowを披露。

やはりメジャーで活躍するスターは遠目で見てもオーラが違う。

そしてその透明感のある声で魅了されてしまいました。

 

そしてメインイベントである『Joyful Joyful』の時間がやってきた。

 

純名さん、ゴスペルを歌うのは初めてだったそうで、結構緊張していたようです。

イントロのルバート部分は妹尾さんとのデュオ(生演奏)、リズムが入る所からオケが流れ、後半はボイキンさんも登場して盛り上げてくれました。

 

ただ、エンディングのタイミングが予定と違いズレてしまい、歌が残ってしまうハプニングが…

 

結果やり直しとなり、我々にとっては非常に美味しいハプニング!

 

二回目はバッチリ決まって気持ちよくFinaleに。

 

 

終了後はステージ袖で、純名さん、ボイキンさん、ゲイリーさん、ジェンナさんとディレクター陣で記念撮影!

%e7%b4%94%e5%90%8d%e7%90%86%e6%b2%99-p-boykin-directors

 

さらに控室前でもう1ショット

 

p-boykin-directors

 

んで、カリスマゴスペルディレクター『レオ』さんと2ショット。

leo-me

 

いやあ、Oh, yeah!な一日でした。

 

主催のムジカキアラの皆さん、ディレクターの皆さん、レギュラーChoirの皆さん、ワークショップに参加してくれた皆さん、

そして今回もスタッフとして協力してくれた浩子、和美さん、

 

お疲れさまでした!

 

12/19、Tokyo FMの番組【大家志津香のエン活】(21:15~)で放送予定だそうです。

 

是非チェックして下さい。

 

また来年も参加出来たらいいなあ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016-12-17 | Posted in BlogComments Closed