2015-12

ゴッパチコーラス隊2016~3回目のレッスンレポート

【In Unity 2016 ゴッパチコーラス隊】

 

12月13日(日)、「In Unity2016」ゴッパチコーラス隊の第3回練習が行われました!

今回はアシスタントの深澤彩がレポートを担当させて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します。

 

*****************

 

最初に実行委員の方からご案内等をして頂き、吉田英樹先生によるレッスンが始まりました。

 

◆ストレッチから発声練習

今回もまずストレッチから!
身体をほぐすと良く声が出るようになりますので、ぜひ習慣にしてみてくださいね。
基本は息を吐きながら、伸びている部分を意識しながら伸ばしていくと一層効果的です。

ストレッチ (1)

発声練習は、おなじみの動物だけではなく普段私達が使う感嘆詞もありました。
ふくろう→人間(「あ~」、「へ~」)→犬
皆さん回を重ねるごとに上手になっています

発声 (1)

発声 (2)

発声が終わるといよいよ曲の練習です。
前回までで4曲の音の確認がほとんどできたので、
全曲とも通すことが出来ました。

◆He’s The Greatest

一度通してからの流れを確認しました。
歌詞カードの流れとしては
A→A→B→A→C→B(「tree」まで)→D

となっていますが、やはり2回目のBで「tree」の後すぐDの
「He is the Greatest」に行くのが難しいですね!
これは歌詞を目で追うより、原曲を繰り返し聞いたりして耳で慣れておくのが良さそうです。

また、先生より曲を盛り上げる為の「抑揚」の細かいご説明がありました。

まず「A」の中で
テナーが「You’re the greatest」と言った後に
ソプラノとアルトが「greatest」と歌う部分がありますが、
ここはせっかく分かれているので「応えている感じ」を意識しましょう。
もしかしたら本番までに手の振りがつくかもしれません。
その後は段々盛り上がってBに行きます。

そしてCに入って少しだけ落ち着き、繰り返しのフレーズでまた勢いをつけて、Bに戻ります。
「tree」まで歌ったらそのままDへ飛んで、エンディングまでますます盛り上がって行きましょう!

こんな風に、歌にニュアンスが加わってくるとより楽しくなりますね。

◆Jesus Is The Answer

Jesus Is The Answerに関しては、一度通してとてもきれいなハーモニーだったので
「ブレス」などの確認をしました。

2番のAメロ、リードが「In case you don’t know~ 」と歌うところから
コーラスは
「Ooh- Ooh- Ooh- Ooh Ooh Ooh—Ooh- He will do it for you」
と歌いますが、
「He will do it for you」
の前でブレスをしましょう。

また、その後の最後のサビの部分、各パート音程が上がって
「Above him there’s no other, Oh-, Oh Jesus~」となっています。
この2回あるOhは間でブレスをして、2回目のOh から力強く
「Jesus He is the answer~」
と続けると格好良いです!

そしてエンディング、一番最後の「Jesus is the way…」は伸ばしますが、
これはピアノのメロディが始まる直前、4拍目の頭まで伸ばすということでそろえる、ということです。
このような意識を皆さんの間で共有していくと、より美しいハーモニーが生まれます!

練習風景 (1)

◆Ain’t No Mountain High Enough

Ain’t No Mountain High Enoughは、リードメンバーがまだ決まっていないということで、今回は先生がリードを歌ってくださいました。

注意点としては「Ain’t no river」のところ、
直前の「No」から「River」の「R」の繋ぎが大事です。
「no」の発音は『のー』ではなく、『のぅ』みたいなニュアンスで、それを上手く「R」に繋げられればバッチリですね。

先生が用意して下さった「ひらがなで読み方が書いてある歌詞」を参考に是非練習してみて下さい!

◆I Believe I Can Fly

この曲では歌詞カードの1番のサビ部分が太字になっていますが、
「1番はお休み」と書いてあるように、1番はコーラス全員丸々お休みです。
2番のサビからが出番ですので、歌いたくなる気持ちを少し我慢して、、
先生の力強い歌声にしばし耳を傾けましょう!

そしてエンディング「Fly, fly, fly~」と3回「Fly」を歌う部分は
1回目と2回目の間、2回目と3回目の間はつなげずにそれぞれ切るようにします。
最後のFly~は思いっきり伸ばしましょう。
そしてフレーズの終わりを合わせられるように、先生の合図に注目してくださいね。
段々と広がっていくハーモニーは圧巻です!

発声 (3)

*****************

全体のレッスン終了後は、
【Jesus Is The Answer】【Ain’t No Mountain High Enough】の
リードオーディションを行わせて頂きました!
参加してくださった皆さまは事前に練習をしてきて下さり、本番に近い状況でということでマイクを使ってご希望のフレーズを歌って頂きました。
それぞれ短い時間ではありましたが、お一人お一人の個性が光る素敵なステージでした。
ありがとうございました!

*****************

次回本番前最後の練習は12月27日(日)13時~になります。
受付で本番の並び順、グループ分けのご案内、そしてTシャツの配布があるそうです!
本番の準備が進んでいるのを実感できてますます楽しみですね・・!

年末でお忙しい時期だと思いますが、皆さまお風邪などひかれないようご注意くださいね。

それでは次回もどうぞよろしくお願い致します!

Soul-Jam! アシスタント 深澤彩

2015-12-18 | Posted in Blog, Gospel, WorkshopComments Closed 

 

ゴッパチコーラス隊2016~2回目のレッスンレポート

【In Unity 2016 ゴッパチコーラス隊】

 

11/29(日)「いい肉の日」でしたね…笑

この日、川崎市中原区役所にて2016年1月10日開催のイベント、「In Unity」ゴッパチコーラス隊の第二回練習が行われました。

この度レッスンレポートを書かせていたただきます、新島浩子と申します。

吉田先生のアシスタントとして、深澤彩と共に練習に参加しております。(後ろの方で歌いながらウロウロしている二人です)

拙い文章ですが、レッスンの振り返り材料としてお役立てください!

さて、今回ステージで歌う曲はなんと4曲。


*He’s The Greatest

*Jesus Is The Answer

*Ain’t No Mountain High Enough

*I Believe I Can Fly

交代制でステージの上と下で2曲ずつ、全ての方に計4曲歌っていただく事になります。

曲数多いですが、本番まで頑張って練習していきましょう!

 

【ストレッチから発声練習】

まずはストレッチ、歌う準備です。

S〜っと息を吐きながら首、肩、腕周りをゆっくりほぐしていきます。

みんなでのーびのびの光景は壮観です。

ゴッパチ_ストレッチ_01

ゴッパチ_ストレッチ_02

体がほぐれたところで発声練習。

「野生に帰れ」でお馴染、吉田式発声《動物》シリーズ!

フクロウ→牛→(裏庭で鳴いてる)犬

口腔を開け、鼻腔を意識して喉が開いて負担なく豊かな声が出る発声練習です。

みなさん、どんどん気持ち良く声が出てきました!

 

【He’s The Greatest】

前回はBセクションまで練習しましたが、今回は各パートの確認をしながら最後まで進みました。

この曲はなんと言っても早口言葉のような英語詞にみなさん苦戦されていましたね。

特に歌詞カードBセクションの3、4段目、

“Who gave His son that we might be redeemed upon the tree”

早口具合がこの曲の最難関となっています‼︎

一本につながっていくような感じで、一息で歌ってみましょう。

滑らかに歌えるよう繰り返し練習してみてください。

そして”redeemed upon ‘は躊躇なく、

”りでぃーむだっぽん”

と言い切ってくださいね笑!

歌詞が多く、ハーモニーのパターンも複数あるので今回の練習時間の半分を費やしました。

難しいですが勢いのある楽しい曲です。本番ステージで盛り上がること間違いなしです!

 

【I Believe I Can Fly】

ゴッパチコーラス隊では珍しく、吉田先生がリードボーカルをとるバラード曲です。

吉田先生の主催するゴスペルイベントなどでは、最後に全クワイアで大合唱となるおなじみの曲でもあります。

ゴッパチ_I Believe

2コーラス目のサビから皆さんのハーモニーが始まります!

“I believe”の発音に気をつけて歌いましょう。

テナーパートが主旋律なので、アルトの一部の方にこの曲だけテナーに移っていただきました。

そしてなんと、今回初めての練習で最後まで進みました!

素晴らしい‼︎

皆さんパート別音源を聴いていただいて、しっかり練習して来られているのがよくわかりました。

ありがとうございます!

 

【Ain’t No Mountain High Enough】

この曲はソロパートがいくつかありますので、次回12/13の練習時に選考会を行います。

ソロパート希望の方は練習して来てくださいね。

今回はサビにあたる1B、2B、3Bセクションと、C、Dセクションを練習しました。

歌詞カード、サビのBセクション最後の行、

“To keep me from getting to you,babe”

女性テナーは他のパートと同じ主旋律を、男性テナーは1オクターブ下にいってください。

Cセクションの歌詞カード3行目からはソプラノ & バス、アルト & テナーで歌うフレーズが変わります。

特にアルト&テナーの

“If you’re ever in trouble,I’ll be there on the double , Just send for me〜”

は、出だしのタイミングが難しいのでよく練習なさってください。

転調後のDセクションは少し早口になります。

気をつけてくださいね。
Eセクションは次回練習になります。

 

【Jesus Is The Answer】

前回の練習の復習で、冒頭のフレーズを最初はユニゾン、その後三声で歌いました。

とても美しいハーモニーでしたよ!

残りは次回練習になります。

この曲も男性リードボーカルを募集しています。

我こそは!っと思うかた、是非次回12/13の選考会に挑戦なさってください。

多数の希望者をお待ちしています。

ゴッパチ_04

最後は今回の練習で一番時間をかけた、【He’s the greatest】を全員で歌って練習終了!

二時間半の長いレッスン、お疲れ様でした!

次回練習日は12/13(日)になります。

是非今回の練習内容を個々に復習していただいて、次回練習に備えてくださいね。

また、私、新島と深澤が歌唱アシスタントとして毎回練習に参加しております。

わからないところや、不安に思うところがありましたら遠慮なくお尋ねください!

さて次回練習のレポートは、もう一人のアシスタント深澤彩が担当いたします。

お楽しみ〜〜‼︎

 

By  新島 浩子

 

 

 

2015-12-02 | Posted in Blog, Gospel, WorkshopComments Closed